青木ソワソワ、自身の去就早期決着願う 

  ロイヤルズFAの青木宣親外野手(33)が15日、自身の去就について早期決着を願った。沖縄・浦添市内で自主トレを公開。キャッチボールやティー打撃で汗を流し、順調な調整ぶりをアピールした。

  今季の目標は「世界一になること」と話したが、「目指したいんだけど、まだ目指すところが決まっていない」とポツリ。今季の所属球団が決まっておらず「アメリカじゃ(まだ決まらないのが)当たり前なんだけど、年明けからソワソワしてる。朝、携帯をパカパカ見てる状況」と説明した。希望の球団については「世界一、優勝を狙えるところ」と話すにとどめ、代理人に交渉を全て任せていると強調した。