白鵬の批判 祝宴の酔いか蓄積した思いか  

  大相撲初場所で史上最多33度目優勝を全勝で飾った横綱白鵬(29=宮城野)が26日、審判部を痛烈批判した。東京都墨田区の宮城野部屋で行われた一夜明け会見で、取り直しになった13日目の稀勢の里戦について言及。納得いかない様子で「子供が見ても分かる。なぜ取り直しになったのか。2度とないようにやってもらいたい」などと、異例の注文を付けた。史上最多優勝直後に飛び出した白鵬の失言だけに、厳しい対応が予想される協会と、今後の白鵬の言動が注目される。

  明け方近くまで続いた祝宴の酔いが残っていたのか。それとも、これまでこらえてきた思いがあったのか-。史上最多33度目優勝を遂げた白鵬が、異例の審判部批判を繰り広げた。

  約1時間遅れて、午前11時30分から始まった一夜明け会見。近い関係者によると前夜はモンゴルの親族や友人らとの酒席で、記憶をなくすまで飲む人もいたという。白鵬の声もしわがれていたが、顔は達成感からか笑っていた。会見の冒頭、大記録を全勝で決めた気持ちを問われた時だった。柔和な表情のまま「疑惑の相撲が1つあるんですよね。これはいかがなものか」と問題提起し始めた。

  それは、13日目に同体取り直しとなった稀勢の里戦。「勝ってる相撲ですよ。帰ってビデオを見た。子供が見ても分かるような相撲。なぜ取り直しになったのか。もう少し緊張感を持ってやってもらいたい」と、審判部に“通告”。質問が変わっても、止まらない。

  「ビデオ判定の方も、元お相撲さんでしょ。取り直しの重みも一番分かっているはずじゃないの。2度とないようにやってもらいたい。本当に肌の色は関係ないんだよね。土俵に上がって、まげ結ってることは日本の魂なんですよ。みんな同じ人間です」と訴えた。

  角界の父と仰ぐ大鵬の連勝が「45」で止まった69年春場所2日目の戸田戦も、引き合いに出した。「勝った相撲が、負けになった。それからビデオ判定ができたのに。本当に悲しい思いでした。こっちは命を懸けてやってますから」。

  13年九州場所では稀勢の里に敗れた後、観客が万歳する姿を見た。敬愛する横綱双葉山の連勝を「69」で止めた安芸ノ海が「勝って騒がれるより、負けて騒がれる力士になれ」と言われた話も理解はしている。だが、日本人なら感じる必要のない壁にぶつかり蓄積されてきた不満が、二日酔いも手伝って爆発したのかもしれない。この日の会見では「引退してほしい人もいるんだろうけど、もう少し温かく応援してほしい」と、切実な思いも口にした。

  本人しか分からない葛藤があるのかもしれないが、今回の審判部批判は軽率と言われても仕方ない。大鵬は微妙な裁きで連勝が止まった後も「ああいう相撲を取ったのが悪かったよ」と不満を口にしなかったという。白鵬も前日に「大鵬親方の大記録を数字では超えたかもしれないが、精神的なものはまだまだだと思うので頑張っていきたい」と話したばかり。最強横綱だからこそ、さらに心を磨く努力が求められる。【木村有三】