清水礼留飛がV、2位原田 UHB杯  

 <ノルディックスキー・ジャンプ:UHB杯>◇31日◇札幌市大倉山(HS134メートル、K点120メートル)

  男子はソチ冬季五輪代表の清水礼留飛(雪印メグミルク)が合計285・6点で優勝した。

  1回目に最長不倒の138・5メートル、2回目に131メートルを飛んだ。原田侑武(雪印メグミルク)が2位で、39歳の船木和喜(フィット)は25位だった。

  女子は茂野美咲(CHINTAI)が131メートルと117メートルを飛んで合計234・4点で勝った。