宇良、木瀬部屋入門 関学大初の角界入り  

  アマチュア相撲の全国学生個人体重別選手権で昨年、無差別級3位に入った宇良和輝(22=関学大4年)が大相撲の木瀬部屋に入門することが決まった。関学大が5日、発表した。12日に記者会見を開く。1890年ごろ創部とされる関学大から初の角界入りとなる。

  宇良は172センチ、107キロの小兵で奇手の居反りや足取りが得意。春場所(3月8日初日・大阪市ボディメーカーコロシアム)の新弟子検査に合格すれば、前相撲からデビューする。

  大阪府寝屋川市出身。京都・鳥羽高から関学大に進み、相手の懐に潜り込んで後方に反って倒す居反りを繰り出す異色選手として注目され、テレビ番組でも取り上げられた。一昨年の西日本学生選手権個人で準優勝。海外の大会でも活躍した。

  木瀬親方(元幕内肥後ノ海)が師匠の木瀬部屋は現在、角界最多の力士34人の大所帯。日大出身の幕内常幸龍や近大出身の幕内徳勝龍など数多くの学生相撲出身力士が所属している。