遼、2打及ばず予選落ちも「ことしは始まったばかり」 

  米男子ゴルフのヒューマナ・チャレンジは24日、カリフォルニア州ラキンタの3コースで第3ラウンドが行われ、PGAウェスト・ニクラウスコース(パー72)を回った石川遼は5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70で回り通算6アンダー、210の85位で2打及ばず予選落ちした。

  ビル・ハース、マイケル・パットナム、ジャスティン・トーマス、エリック・コンプトン(以上米国)の4人が通算17アンダーで首位に並び、1打差の5位にマット・クーチャー(米国)ら4人がつけている。今大会は第3ラウンドまでが予選で72人が最終日の決勝ラウンドへ進んだ。(共同)

 石川遼の話「1番で(ティーショットが)ロストボールになってダブルボギー。でも悪かったのはそれだけだったと思う。いいパットを打っても入ってくれなかったのが残念だった。まだことしは始まったばかり。収穫もあったので、また次を頑張る」