ホンダ、軽二輪スポーツモデル「CRF250L」「CRF250M」のカラーリングを変更し発売 本田技研工業株式会社は、水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンを搭載したオン・オフロードモデル「CRF250L」と、スーパーモタードスタイルの「CRF250M」のカラーリングを変更し2月13日(金)に発売。
 
 「CRF250L」は、ビギナーからベテランまで幅広い層が扱いやすい様、トータルバランスと操縦安定性を徹底的に追求したオン・オフロードモデルとして、2012年5月に発売を開始。今回の車体色は、オフロードイメージを高めたエクストリームレッドと、ストリートで映えるブラックの2種類。エクストリームレッドは、2015年型モデルのモトクロスマシン「CRF450R」「CRF250R」を彷彿とさせるストライプをシュラウドに採用。ブラックは、フロントフォークのアウターチューブと前・後のホイールリムにもブラックを施している。
 
 「CRF250M」は、CRF250Lをベースに、前・後輪に17インチのオンロードタイヤを装着。フロントブレーキに大径のフローティングタイプのディスクローターを採用し、リアサスペンションのセッティングを変更。オンロードでの操縦安定性を追求したモデルとして、2013年4月に発売を開始。
 今回の「CRF250M」のスタイルとなったスーパーモタードは、ヨーロッパを中心に人気のある競技で、オフロードモデルに小径ホイールとオンロードタイヤを装着し、舗装路とダートが混在するコースでスピードを競うレース。車体色は、エクストリームレッドとブラックの2種類を設定。シュラウドとサイドカバーにストライプを採用。それぞれに、フレームとフロントフォークのアウターチューブ、前・後のホイールリムをブラックとすることで、躍動感ある外観となった。
 
 価格は、462,240円~。
 
 本田技研工業株式会社 公式HP
 http://www.honda.co.jp/

 ホンダ、軽二輪スポーツモデル「CRF250L」「CRF250M」のカラーリングを変更し発売

 元の記事を読むホンダは12日、3列6人乗りシートを備えたハイブリットカー「ジェイド」を発表。13日から販売を開始する。
 
 「フィット ハイブリッド」をベースにしたSUV「ヴェゼル」、4ドア・セダン「グレイス」に続く第3のモデルはミニバンか、とお思いになる方が多いとは思う。だが、実車を見て、開発に携わった方々のお話を聞くと、決してそうお手軽な商品企画というわけでもないようだ。
 
 基本はホンダのクルマ作りでお馴染みの「M・M思想」。"マン・マキシマム/メカ・ミニマム"、つまり車内空間を乗員に最大限割り当て、機械は最小限に押し込める、という考え方だ。ジェイドの車体サイズは全長4,650mm × 全幅1,775mm × 全高1,530mmと、ヴェゼルより355mmも長く、5mmだけ幅広く,75mmも低い。ホイールベースも150mm長い。単にホイールベースとリアのオーバーハングを延長して3列目のシートを装備するだけではなく、ルーフの低いスタイルと、それでも十分な車内スペースを実現するために、様々な工夫が凝らされている。
 
 6人乗りとしたことで、2列目は左右に独立した2脚の座席を備え(アームレスト付き)、それぞれが後輪ホイールハウスを避けて斜め後方(中央寄り)にスライドする「Vスライドキャプテンシート」と呼ばれる新機構を採用。4名乗車時には足元が広く、しかも中央に寄ることで見晴らしの良い快適な後部座席となる。3列目のシートは「大人も座れる」とホンダは言うが、前方2列と比べると不公平感が募るため、実質的には子ども用または緊急用というところだろう。ストラップを引くだけで簡単に5:5で分割して倒せる「床下格納機構」が採用され、フラットな荷室としても使える。
 
 以上のような車体後方のユーティリティを実現するため、これまでの"兄弟"たちが荷室床下に搭載していた、リチウムイオン・バッテリーとパワードライブユニットを一体化した「インテリジェントパワーユニット(IPU)」を、ホンダのエンジニアはなんとセンターコンソール内部に縦に押し込んだ。「ここは今までデッドスペースでしたから」とパワートレインの開発を担当された方は言うが、乗員のすぐ横に搭載するため、安全性と熱対策には非常に苦労されたという。「まず、衝突時の安全を確保するため、ハイテン鋼製の衝突リブで全体を囲みました。放熱対策としては、センターコンソール前方(エンジンルームとのバルクヘッド部)に冷却ファンを装備しています。…