「007 スペクター」物語の片鱗、ローマでのメイキング映像も公開。 2015年11月6日に世界公開が決定している「007」シリーズ最新作「007 スペクター」。昨年12月8日にクランクインし、英国のロンドン、オーストリアのソルデンからイタリアのローマへとロケ地を変えて撮影を敢行中だ。そしてこのたび、ロケ地のローマからサム・メンデス監督のビデオ・ブログが届いた(https://www.youtube.com/watch?v=V7pZ5Tx5vTA)。
 
 シリーズ生誕50年目に公開された記念碑的作品である前作「007 スカイフォール」(2012年)のラストでは、ジュディ・デンチ演じるMがレイフ・ファインズにバトンタッチし、ナオミ・ハリスがミス・マネーペニーとして登場、メンバーが刷新された007シリーズが新たにどんな地平を目指していくのか、今回のビデオ・ブログでは、ファンが待ち望んでいたその片鱗が監督自身の口から語られている。
 
 同時にロンドンのテムズ川でのボートシーンや、ローマの街を走るアストンマーティンDB10などのアクションシーンのメイキングも公開された。
 
 サム・メンデス監督によると「007 スペクター」では、新メンバーの中でダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドが一番の経験者で知恵にたけていることから、今まで以上にボンドのMI6内での立場が重要になり、全編を通して彼が主導権を握る展開となっているとのこと。
 
 「冒頭から彼はある人物を追跡していますが、観客はその理由も内容もわからない。けれど、そこで起きていることはボンドの幼少期に関わる重要な秘密へと繋がっていきます。その壮大なテーマを知ったとき『撮らなくては』と思ったのです」
 
 そう監督が語る通り、前作で自らの出生の地“スカイフォール”に戻ったボンドは、今回は少年時代の秘密と対峙することになりそうだ。
 
 また、M役のレイフ・ファインズ、マネーペニー役のナオミ・ハリス、Q役のベン・ウィショーについては「彼らのストーリーを、より個性が深まるようにもっと伝えたいと思いました。今作で彼らはある意味キャリアだけでなく生活をも危険にさらしボンドを助けようとします」と語り、より深い人物相関ドラマが期待できそう。ただ、ファンの興味が最もそそられている悪役クリストフ・ヴァルツについては謎に包まれたままで、まだまだファンの好奇心は尽きない。
 
 今後もメキシコのメキシコシティ、モロッコのタンジールなど世界中のロケーションをめぐって撮影予定の「007 スペクター」から目が離せなそうだ。
 
 映画「007 スペクター」は2015年11月全国ロードショー。
 
 
 

 Narinari.comってどんなサイト?
 http://www.narinari.com/
 元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20150230322.html