『007』ベン・ウィショーがゲイの青年役を好演 『追憶と、踊りながら』5月公開   

 昨年、同性婚を告白した『パフューム ある人殺しの物語』『007 スカイフォール』などで知られる英国人俳優ベン・ウィショーが、ゲイの青年役に挑む映画『追憶と、踊りながら』が5月23日より劇場公開されることが決定し、ポスタービジュアルも解禁となった。

【関連】「ベン・ウィショー」フォトギャラリー

 本作は、初老の中国人女性ジュンと、彼女の息子のゲイ友達リチャード(ベン)との心のふれあいを描く感動の人間ドラマ。ベネディクト・カンバーバッチらとともに現在の英国俳優ブームを牽引するベンが等身大の青年を繊細に演じ、新たな魅力を開花させている。

 主人公・ジュン役には『グリーン・デスティニー』などで知られるベテラン女優チェン・ペイペイがキャスティングされ、ロンドンで活躍するカンボジア生まれの若手監督ホン・カウが長編作では初めてメガホンを取る。

 なお本作は、サンダンス映画祭のオープニングを飾ると共に撮影賞を受賞。ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードでは主演女優賞・プロダクション賞・新人監督賞の 3 部門にノミネート、さらにBAFTA 英国アカデミー賞でもホン・カウ監督が英国新人賞にノミネートされるなど、世界の映画祭で高い評価を獲得している。

 ロンドンの介護ホームで暮らす中国人女性ジュン。英語ができない彼女の唯一の楽しみは、息子のカイ(アンドリュー・レオン)が面会にくる時間。だが彼女は、息子と一緒にやってくるゲイ友達のリチャードのことを嫌っていた。一方、リチャードはジュンの幸福を心から願い、同じホームの英国人男性アラン(ピーター・ボウルズ)と交際ができるよう、言葉が通じない彼らのために通訳を雇う。

 映画『追憶と、踊りながら』は5 月 23 日より全国順次公開。