<北陸新幹線の観光効果>老舗長野の“小さな開国” 強敵は金沢?

 

  北陸新幹線が14日、長野以北の金沢まで延伸開業しましたが、沿線の延伸振興策で微妙な立ち位置にいる長野県の動向が注目されます。これまで「長野新幹線」(東京~長野間)で一身に新幹線のメリットを享受してきた長野県が、今後は北陸各県、新潟県などと競争関係に入るからです。初の新幹線を迎える北陸各県などの強い意気込みに伍して、先行してきた長野県が魅力づくりにどう取り組むかが問われています。

「攻め」の金沢、富山、上越

 [写真]長野駅から金沢に向かう「かがやき505号」

  金沢、富山、上越など「初の新幹線」を迎える地域が攻めの戦略に立つ一方、長野県はJR長野駅を終点として18年間運行してきた長野新幹線の利点に立ちながら、ライバルから追われる立場にもなります。長野冬季五輪(1998年)の前年1997年に北陸新幹線の一部区間として開業した長野新幹線に、当時の沿線県民は沸きました。今回の金沢延伸でも、7年に一度とされる善光寺(長野市)のご開帳がちょうど4月5日から始まるため、地元にとっては二重のビッグイベント。しかし、その盛り上がりが長期的な沿線振興につながるとは限りません。
 
  長野県にとって気になる北陸、新潟の延伸振興策や波及効果はどれくらいのものなのでしょうか。現在、東京~金沢間は上越新幹線・越後湯沢駅から在来特急「はくたか」を利用して4時間近くかかります。JR西日本によると延伸後は最速新幹線による金沢―東京間の時間短縮は1時間半前後、金沢~長野間は同2時間前後、富山~東京間は同1時間前後になります。
 
  この時短インパクトは大きく、日本銀行金沢支店の1月のリポート「北陸の中小企業の現状と活力ある企業の特徴」では、北陸新幹線の金沢開業を控えて広告需要が増加しているとの声も聞かれると指摘。日本政策投資銀行富山事務所が2013年にまとめた「北陸新幹線開業による富山県内への経済波及効果」によると、延伸で富山県への首都圏からの入り込み数は22%以上の増加が見込まれ、その経済効果は観光で年41億円、ビジネスで年16億円と推定。その波及効果は年間88億円と試算しています。
 
  新潟県上越市がまとめた金沢延伸効果は、東京まで17分、長野まで71分、富山まで39分、金沢まで57分の時間短縮。これに伴い、1時間以内に上越市に到達できる地域は現在の6・8倍にまで広がり、その圏域内の人口は350万人に。さらに2時間以内で到達できる圏域は現在の3・7倍、3500万人に上るとしています。そして、上越市は北信越エリアのほぼ中央に位置し、北陸道と上信越道の接続地点にもなっている上、直江津港の存在も含め延伸により「アジア地域との交流の拠点になる可能性を有している」とうたい上げます。
 
  さらに、北陸新幹線の上越妙高駅を中心とする上越、妙高、柏崎、十日町、佐渡の5つの市が連携して新幹線開業プロジェクトを盛り上げる「ようこそ。越五の国へ。」キャンペーンを2013年からスタート。「上杉謙信公以来の恵みあふれる国」と、地域ぐるみで誘客に熱が入ります。

思い描く「沿線周回モデル」

 [図表]北陸新幹線の路線図

  迎え撃つ長野県の戦略の一つは、県内主要駅のJR長野駅が北陸新幹線のほぼ中間地点に位置し、地理的にも北信越の中央にあることを生かした「沿線周回モデル」です。
 
  信州長野県観光協会は、現在東京から長野経由で金沢に向かう動きはゼロに等しいが、延伸により現在、越後湯沢経由の東京~金沢間の乗客は、ほぼ全部が長野を経由すると見ます。その県内通過の輸送量は現在の1.7倍に急増し、東京、長野、金沢、大阪、名古屋を円状にめぐる周回軌道内に延伸効果が生まれると見込みます。そして、その県内域に観光客を通過・滞在させるため「立山・黒部アルペンルート」「上高地」「軽井沢」の3拠点を戦略的な観光基点と位置づけ、沿線の軽井沢、佐久平、上田、長野、飯山各駅の観光ハブ化(拠点化)進めるとしています。
 
  県内各地域の取り組みの一つとして、長野市の長野商工会議所は金沢延伸と善光寺のご開帳に向け、中心市街地にとどまらず戸隠、松代などへの広域的な回遊が可能になるよう市に要望。長野市も長野駅の駅前広場整備や、駅構内にある市の観光情報センターのリニューアルなどを進めています。昨年2月には「関係職員らがスマホやネット関連のツールを活用して誘客情報を発信しよう」と、長野県、長野商議所主催で長野市で「長野地域 情報発信力向上フォーラム」を開催。専門家を招いて善光寺ご開帳、金沢延伸に向け市町村や商議所などの職員の情報発信力の強化をいかに進めるかをテーマに関係職員ら100人近くが参加しました。
 
  一方、延伸で新幹線飯山駅が設けられた飯山市では、市や商議所による飯山駅開業イベント実行委員会が開業200日前イベントなどで盛り上げを図ってきました。新幹線飯山駅は全長300メートル以上の巨大駅舎。地域のシンボルとして今後も市民の期待を集めそうです。2010年に策定した「回遊性のあるまちづくり(まちなか観光)第二次アクションプラン」では、新幹線飯山駅開業を軸に、飯山駅と周辺の観光資源を結ぶ環境の整備、まちなか散策のためのボランティアの育成、ガイドブックの作成、商品開発など多くの振興策を盛り込んできました。

「ストロー効果」への懸念

 [写真]県内外の多数の店を集めたJR長野駅の駅ビル「MIDORI長野」

  長野県では新幹線がその先の新潟、北陸につながることで「新たに金沢、富山などからの入り込みが期待できる」との見方がある半面、逆に他地域に吸引されるのではないかとの懸念も根強いのです。金沢延伸に向け3月7日にオープンしたJR長野駅の駅ビル「MIDORI長野」。上田市から家族連れで訪れた団体職員の男性(49)は「延伸で金沢、富山に行けるのはうれしい」としながらも「長野県内が通過点にならないか心配です」と話します。
 
  その兆候は18年前の長野新幹線開業時にも「ストロー効果」として指摘されました。当時は東京~長野間が在来線特急でも3時間近くかかっていたため日帰り出張は難しかったのですが、新幹線開通で日帰りエリアになったため企業の長野営業所などが次々に廃止、縮小され、長野の経済に影響を与えました。それまで地元での買い物が多かった女性なども「銀座まで日帰りで」ということが珍しくなくなったのです。

 [写真]長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」で懸命の長野PR

  そうなると、それぞれの土地の持つ魅力が決め手になります。これまで旧・長野新幹線の終着駅を持ち、新幹線の利点をいわば独占していた形の長野県や長野市にとって金沢延伸は“小さな開国”。長野市民の間では「金沢の城下町文化、富山の魚や自然、長野の善光寺やリンゴ、そば」を挙げて、どこが吸引力を持つかが話題になります。特に金沢は強敵との見方もあります。
 
  その前哨戦として、沿線の石川、富山、長野、新潟など各県は、東京に設けたアンテナショップで特産品のPRや販売に力を入れています。有楽町駅から7分の好位置に構えた長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」(中央区銀座5-6-5)には、信州そばや漬物、日本酒など多くの物産が並びます。観光情報の提供や、長野県への移住、就職の相談にも応じるなど、PR作戦は多彩です。

「その先の地域」への関心

  しかし、JTB総合研究所によると新幹線開業への期待は沿線にとどまりません。鹿児島新幹線(2011年開業)の場合、新幹線鹿児島中央駅から在来線特急で1時間近くかかる薩摩半島南端の指宿市で同年の宿泊客が前年比13%以上増え、日帰りを含む全体では同2%近い増加になり開業の効果があったといいます。心理的な距離が近くなれば、新幹線が着いたその先の地域にも関心が集まり、「北陸新幹線の場合は金沢のさらに先の能登半島や温泉、白川郷、高山などの周遊の機会の増加が期待できる」といいます。それは長野県でも同じことで、周回軌道方式などをどう実現するかが課題になります。
 
  株式会社ブランド総合研究所(本社・東京都港区)による都道府県の魅力度ランキング(2014年)によると、トップの北海道から京都府、沖縄県と続き、長野県は前年と同じ9位でしたが、石川県は11位(前年14位)、富山県23位(同21位)、新潟県35位(同30位)。「信州」ブランドの強みをうかがわせます。新幹線先取り県として北陸、新潟に追われる立場で老舗の実力を示せるかどうかが、今後の長野県を占うことになります。
 
 (高越良一/ライター)

 ■ことば:「北陸新幹線」 東海道新幹線の需要増大、老朽化への対応や災害時に関東、関西を結ぶ国家戦略的な迂(う)回輸送幹線としても期待される新幹線。計画では東京、長野、上越、富山、金沢、福井などを経て大阪に至る延長約700キロメートル。長野までは平成9(1997)年10月開業。平成27(2015)年3月14日、金沢まで延伸開業。東京~金沢間は最速2時間28分。長野県内は長野駅だけ停車する「かがやき」が1日10往復、停車タイプの「はくたか」が14往復、長野~金沢間の停車タイプ「はくたか」は1往復、東京~長野間の「あさま」が16往復、富山~金沢間の「つるぎ」は18往復運行する。長野駅には現在の27本を大幅に上回る41本が停車する

 本記事は「THE PAGE」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。