シャープな小顔美人に!二重あご解消ストレッチ

 女性の大敵“二重あご”。身体は痩せているのに顔が大きかったり、二重あごになってしまった経験ってありませんか?
 二重あごになってしまう原因の1つは、姿勢の悪さ。猫背や骨盤のずれが二重あごを引き起こすケースも。全身ストレッチに加え、あご周りに効果が期待できるストレッチも取り入れましょう。
 あご周りの筋肉をストレッチでほぐしてすっきり小顔に二重あごになってしまう原因の1つに、あご周りの筋肉不足が挙げられます。あご周りを鍛えるストレッチ方法は、背中をまっすぐにし、姿勢を正します。
 顔は上を向き、ゆっくりと口を大きく開けます。この時に、無理のない範囲で大きく開けてくださいね。大きく開けた口は5秒キープ。そして5秒かけて、ゆっくりと口を閉じ、5秒かけて顔を元の位置に戻します。
 全ての行動を5秒ずつと覚えておくと、どこでも気軽にストレッチができますね。
 口からあごにかけて老廃物を流す「あ・い・う・え・お」ストレッチどうしても口元は、おしゃべりをする時や飲食する以外は筋肉が動き難い箇所です。口元からあごにかけて溜まりがちな老廃物を流す効果が期待できる「あ・い・う・え・お」ストレッチをご紹介します。
 まず、顔は天井を見るようにゆっくりと上げます。この時に首に違和感を感じる人は、無理のない範囲で上を見ましょう。顔を上げたまま「あ・い・う・え・お」と声に出して言います。
 「あいうえお」は日本語の母音。この口の動きが、老廃物を流す効果があると言われています。
 指や手を使ってあご周りのストレッチをサポート指や手を使って、あご周りのストレッチをサポートすると、首への負担も軽減できます。さらにストレッチに加え、顔のマッサージを加えると、より効果的に。
 両手の親指と手のひらを使って、あごの付け根から耳の後ろに向けてリフトアップ。耳の後ろから喉を通り、リンパに向かって老廃物を流すイメージでマッサージもメニューにプラスしましょう。マッサージを加える時は、クリームやオイルを使うと肌への負担も減りますよ。
 二重あごのストレッチに無理は厳禁ついつい早く二重あごとサヨナラしたいために、ストレッチを頑張りすぎちゃう女性って意外と多いものです。しかし無理なストレッチは、あごへの負担も大きくなってしまいます。
 さらにあごへの負担が大きくなると、顎関節症といった病気を引き起こしてしまうケースも。顎関節症は、口を開けるとあご(耳の付け根付近)から“カコッ”や“ゴキッ”のように音と痛みが。最初は異音のみですが、悪化するとあごの痛みや身体の不調に繋がることも。
 さらに発症すると、ほぼ完治しないと言われています。二重あごを早く消したくても、ストレッチに無理は厳禁ですよ。