トヨタ 2車種 アイドリングストップ車 再始動不具合

 「ヴィッツ」「ラクティス」の1NRエンジン アイドリングストップ機能装着車に不具合が判明したことから、国土交通省にサービスキャンペーンを通知した。不具合は以下の2点。
 (1)エンジン制御用コンピュータのアイドリングストップ用始動プログラムが不適切なため、エンジン冷間状態でアイドリングストップ後、短時間で再始動すると、エンジン回転が安定せず自動的に再始動しないことがある。
 (2)アイドリングストップ制御用コンピュータのプログラムが不適切なため、アイドリングストップ後、エンジン回転が低下する前に再始動すると、自動的に再始動しないことがある。
 いずれの場合も、NもしくはPレンジにシフトし、始動操作を行うことで再始動は可能。(R+編集部)
 
 【発 表 日】2015/02/06
 【企 業 名】トヨタ自動車株式会社
 【キーワード】サービスキャンペーン、国交省、国土交通省、エンジン、コンピューター、コンピュータ、アイドリングストップ、豊田、トヨタ
 【 ジャンル 】自動車
 【 関連情報 】
 http://toyota.jp/recall/campaign/150206_2.html
 ・スバル トレジア アイドリングストップ機能に不具合■詳細はこちら
 ■その他の情報はこちら