レッドソックス田沢が好救援 Aロッドから今季初三振

 

 ヤンキース戦で好投したレッドソックスの田沢 [Getty Images]

 ヤンキース - レッドソックス
 <現地時間4月10日 ヤンキー・スタジアム>
 
  レッドソックスの田沢純一投手が現地時間10日(日本時間11日)、ヤンキース戦の8回から4番手として登板。3番アレックス・ロドリゲスから今季初三振を記録するなど1回を無失点。今季初となった伝統のライバル対決で、改めて存在感を発揮した。
 
  田沢は3-2の8回、1番エルズベリーから始まるヤンキース上位打線と対峙。一死後、2番ガードナーにセーフィティバントを決められたが、続くAロッドの打席で、ガードナーの盗塁を封殺。ここは、新加入の女房役・リオンの強肩が光った。その後、レ軍バッテリーはAロッドを2-2と追い込むと、最後は低めに制球されたスプリットでスイングアウト。この三振が、田沢にとって今季初奪三振となった。
 
  これで田沢は開幕から2試合連続無失点。今季は3年連続の70試合登板にも期待がかかるが、「1試合、1試合の積み重ね。数字は気にせず、毎試合しっかり準備することをを心掛けたい」と不動のセットアッパーに慢心はない。
 
  レッドソックスは1点リードのまま9回を迎えるも、上原の代役クローザーを務めるムヒカが、9回二死から痛恨の同点弾を浴び試合は延長戦に。16回に主砲・オルティスの今季1号で均衡を破るも、その裏、ヤンキース・テシェイラに同点弾が飛び出し4-4。さらに18回には4番サンドバルの勝ち越し打で5-4とするも、その裏にまたも追いつかれ、試合は5-5の状況で延長19回に入った。

 本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。