中国では「AVはアニメと並ぶ日本の文化」とみなされている

 

  中国男性の中で彼女の名を知らぬ者はいないと言われる蒼井そらを始めとして、中国では日本人セクシー女優が凄まじい人気を博している。反日の嵐が吹きすさぶ中国で、なぜ日本人セクシー女優がここまで人気を博しているのか。上海在住のジャーナリストによれば、「中国にはセクシー女優という職業がないから」だという。

  中国ではAVはアニメと並ぶ日本の文化と見なされていて、セクシー女優=日本というイメージができあがっている。空港での歓迎ぶりは、日本人がハリウッドスターを出迎えるそれに勝るとも劣らない。その模様は一般紙の芸能欄で人気アイドルと並んで報じられる。

  中国にはネットの視聴に制限があり、アダルトサイトも表向きは見られないことになっている。しかし、AVファンは巧妙に規制の網をかいくぐっている。 「パソコンで『快播』というプレーヤーソフトをダウンロードして、専用サイトに行くと見られます。日本のFC2動画の英語版はそのまま見られます」(前出・上海在住ジャーナリスト)

 ※週刊ポスト2015年4月17日号