「本物が気の毒」の声も 上西議員“浪速のエリカ様”命名に賛否

 どこのだれが名付けたかしらないが、「浪速のエリカ様」はちょっとね――。こんなふうに思っている人もいるはず。維新の党を除名された上西小百合議員のことだが、名付け親は「週刊文春」。先週号では「浪速のエリカ様 国会サボってホワイトデー温泉旅行疑惑」という見出しでその行状を報じた。
 
  その後、メディアがこぞって「エリカ様」と騒ぎ、注目度が高いためなのか、発売中の同誌の特集「上西小百合 浪速のエリカ様と巻き舌秘書の品性」では、冒頭で「恥ずかしながら『浪速のエリカ様』の名付け親は本誌」とし、始まりは上西議員の地元の大阪の主婦が「エリカ様みたいな感じ」と言ったことだ。
 
  これで本家・エリカ様「沢尻エリカ」はどう思っているか。「別に」なのか、「上西議員と一緒にしないで」なのか。ネットでは上西議員が「沢尻エリカに失礼」と猛バッシングされているが……。
 
  沢尻は高城剛氏との離婚騒動ではミソをつけたが、その後は映画「ヘルタースケルター」が評判になり、連続ドラマ「ファーストクラス」で主演した。また、今クールは13日スタートの月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)にも出演する。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。
 
 「でも、『別に』騒動の時の沢尻と、今回の上西議員のふてぶてしさは本当によく似ている。だから『浪速のエリカ様』には納得してしまう」
 
  また、マスコミ関係者はこう言った。
 
 「上西議員は普段の強気な姿勢から、地元では以前からそういわれていたようです。ただ、沢尻との決定的な差は、化粧の濃さです。情報番組の出演者がわざわざ化粧を濃くして番組に出て、上西議員のマネをしてオチョクったりしている。コメンテーターの石原良純は“一緒にしたら沢尻がかわいそう”と言っていたけど、その意見に賛同する人が圧倒的に多いでしょうね」
 
  やっぱり沢尻エリカに感想を聞いてみたいものだ。