北京で日系企業が合同面接会 学生650人参加

 

  【北京共同】中国の優秀な人材を確保しようと日系企業16社が11日、北京市内の大学で合同就職面接会を開いた。中国人の学生ら約650人が参加し、企業の担当者を相手に日本語で熱心に自己アピールした。

  日系企業で組織する中国日本商会が主催。学生の参加者数は昨年11月の前回より倍増し、日中関係が深刻に冷え込んだ2012年秋以降で最も多かった。

  主催者側は、日本大使館などを通じて周知を強化したことや、最近の日本旅行ブームを背景に学生や親の日本への抵抗感が少なくなったことなどが増加理由と分析している。

  各社はブースを構え、事業内容を説明、学生を面接した。