ニュース速報VIP

ニュース速報VIPのニュースサイトです。ニュース速報VIPは社会、スポーツ、政治、経済、国際、環境などジャンル別に読めます。特集やエンタメ、教育、医療などの読み物、発言小町も大人気。映像ニュースなどの動画コンテンツが豊富で、天気・交通、地図などの生活情報も便利です。

ライフ・くらし

レッドソックス田沢が好救援 Aロッドから今季初三振

 レッドソックス田沢が好救援 Aロッドから今季初三振

 

 ヤンキース戦で好投したレッドソックスの田沢 [Getty Images]

 ヤンキース - レッドソックス
 <現地時間4月10日 ヤンキー・スタジアム>
 
  レッドソックスの田沢純一投手が現地時間10日(日本時間11日)、ヤンキース戦の8回から4番手として登板。3番アレックス・ロドリゲスから今季初三振を記録するなど1回を無失点。今季初となった伝統のライバル対決で、改めて存在感を発揮した。
 
  田沢は3-2の8回、1番エルズベリーから始まるヤンキース上位打線と対峙。一死後、2番ガードナーにセーフィティバントを決められたが、続くAロッドの打席で、ガードナーの盗塁を封殺。ここは、新加入の女房役・リオンの強肩が光った。その後、レ軍バッテリーはAロッドを2-2と追い込むと、最後は低めに制球されたスプリットでスイングアウト。この三振が、田沢にとって今季初奪三振となった。
 
  これで田沢は開幕から2試合連続無失点。今季は3年連続の70試合登板にも期待がかかるが、「1試合、1試合の積み重ね。数字は気にせず、毎試合しっかり準備することをを心掛けたい」と不動のセットアッパーに慢心はない。
 
  レッドソックスは1点リードのまま9回を迎えるも、上原の代役クローザーを務めるムヒカが、9回二死から痛恨の同点弾を浴び試合は延長戦に。16回に主砲・オルティスの今季1号で均衡を破るも、その裏、ヤンキース・テシェイラに同点弾が飛び出し4-4。さらに18回には4番サンドバルの勝ち越し打で5-4とするも、その裏にまたも追いつかれ、試合は5-5の状況で延長19回に入った。

 本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。

工藤監督も笑顔! ソフトBが37イニングぶりに得点

 工藤監督も笑顔! ソフトBが37イニングぶりに得点

 

 タイムリーを放ったソフトバンクの中村晃©BASEBALLKING

  4日の西武戦の8回から無得点が続いたソフトバンクが、11日の日本ハム戦で37イニングぶりに得点を挙げた。
 
  37イニングぶりの得点は中村晃のバットからもたされた。1点を追う4回ソフトバンク打線は一死から7番松田宣浩がレフト前ヒットで出塁すると、二死後今宮健太がライト前ヒットで一、三塁にチャンスを広げる。
 
  ここで、第1打席に安打を放っている1番の中村晃が日本ハム先発・上沢直之の初球をライト前に運び、三塁走者の松田が生還。1週間ぶりの得点に工藤公康監督も笑顔がこぼれていた。
 

 本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。

カズの9年ぶり2試合連続ゴールは幻…公式はオウンゴール判定に

 カズの9年ぶり2試合連続ゴールは幻…公式はオウンゴール判定に

 

 前節のジュビロ磐田戦でゴールを決めた三浦知良 [写真]=Getty Images

  明治安田生命J2リーグ第7節が11日に行われ、横浜FCは敵地でロアッソ熊本と対戦した。
 
  前節のジュビロ磐田戦で約2シーズンぶりとなるゴールを記録した元日本代表FW三浦知良は、この試合にも先発出場。開始19分、右サイドからのFKが相手DFに当たりファーサイドまで流れると、ゴール前に詰めていた三浦が押し込んだように見えたが、オウンゴールと判断された。
 
  三浦の2006年5月6日の徳島ヴォルティス戦、同10日の東京ヴェルディ戦以来となる約9年ぶりの2試合連続ゴールは幻となった。
 
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。

すき家に自業自得と批判殺到

すき家に自業自得と批判殺到

 動画提供:2015©Next Media Animation Limited. 牛丼チェーン大手「すき家」を運営するゼンショーホールディングスの小川賢太郎会長(67)が4月8日、都内で記者会見を開き、「辛かった」と涙を流したことについて、ネットで批判の声が殺到している。

 「近所の主婦が妻を見て逃げた」会長の口から意外な言葉が飛び出した。労働環境を改善することだけを話していれば良いものを、家族も“被害”を受けているとも取れる発言だ。これに対して、ネットからは「自業自得だろ」といった批判の声が相次いでいる。

巨人の試合をノムさんが生解説 原監督に与える影響力も増幅か

巨人の試合をノムさんが生解説 原監督に与える影響力も増幅か

 巨人が主催試合で販売している『レジェンズシート』という席種とサービスがある。これは、観戦席付近で巨人OBが試合を生解説し、それに対して質問もできるというもの。東京ドームの三塁側内野席前方に配置された席で楽しむことができる。
 基本的には巨人の元選手が解説者として招かれ、今季は対戦チームの大物OBを同時に招くダブル解説を行っている。その対戦球団OBに今回、野村克也氏(77)の登場が決まった。野村氏は4月11日の対東京ヤクルト戦に招かれる予定だ。一部報道では、野村氏は体調が芳しくないとも伝えられていたが、果たして。
 「野村氏のプロ野球解説はテレビ視聴者のウケも良く、『野球中継よりも、ノムさんの解説をもっと聞きたい』との声も寄せられるほどです。レジェンズシートに座れば、OBに直接質問することも可能です。大きな話題になっています」(ベテラン記者)

 しかし、この生解説は起用される相手球団OBも巨人の系列である日本テレビで専属解説をしていた元選手が多く、いわば特権のある仕事だった。地上波でプロ野球放送が激減したいま、試合解説の仕事も激減している。そんな中で東京ドームでの生解説は貴重な収入源ともいえる。同日は巨人OBとのダブル解説になるが、野村氏と一緒に解説するとなると、相当な勉強をしなければならない。
 「これまで生解説を務めた巨人OBのなかには、失礼ながら、勉強不足の人もいました。でも、同席に観戦に来る客は巨人ファンが大半なので、巨人贔屓の内容を喋れば何とかなるみたいな空気もあって…。そんな中で、解説者としても人気がある野村氏は、体調が万全なら、今後も起用がはかなり増えると思われます」(同)
 野村氏と一緒に解説する巨人OBは、知性派の鹿取義隆氏に決まった。いままでに巨人OBとして起用された面々を見たら、鹿取氏か堀内恒夫氏でなければ、野村氏に話を合わせられるOBは見あたらない。

 野村氏が解説として招かれたことで、こんな声も聞かれた。「野村氏が原采配に何かしらの影響を与えているのではないか」と。
 「野村氏はTBS系のスポーツ番組で阿部(慎之助)の一塁手転向に異議を唱えていました。『捕手がしっかりしていれば、絶対に最下位にはならない』とし、阿部を捕手に戻すべきだとの持論も繰り広げていました」(球界関係者)

 4月3日に原辰徳監督は阿部を4番捕手で起用した。前日までの中日3連戦で3連敗を喫し、さらには捕手を務めていた相川亮二が試合中に肉離れを起こすアクシデントに見舞われた。とはいえ、原監督は阿部が捕手に戻ることは「99%ない」とし、阿部を一塁も固定する考えを口にしてきた。原監督は、この阿部捕手再転向を「一時的な措置」と説明したが、突然の方向転換に巨人選手は動揺していた。野村監督の反対論が以前からあったため、意志がグラついたのではないか? との見方も広まっている。
 「原監督は他球団のOBとも親しく付き合っており、日本ハムの指揮官である栗山英樹監督とは兄弟のような仲です。もちろん野村氏とも親交はあるはず。野村氏のアンチ巨人の姿勢がパフォーマンスであることは世間一般にも知れ渡っている。原監督も実は裏で野村氏からいろいろと助言をもらっているのでは」(同)

 現場指揮官にアドバイスをするのもOBの仕事だ。野村氏は特定球団のOBというより、球界全体のOBと言っていい存在。巨人OBは野村氏の発言力に負けてしまっているのではないか。

5割復帰を未勝利のエースに託す…11日のパ・リーグ試合予定

 5割復帰を未勝利のエースに託す…11日のパ・リーグ試合予定

 

 3度目の登板で初勝利を目指す楽天・則本昂大 ©BASEBALLKING

  3日ぶりにパ・リーグは3試合すべてが行われる11日。日程がズレたためにややばらけたとは言え、この日は開幕投手を務めた投手が4人登板。3連勝を目指す投手から、3度目の正直で今季初勝利を目指す投手まで。各地でエースたちの投球に注目だ。
 
 ◆ 楽天 - オリックス(2回戦)
  <コボスタ宮城・14時>
 ・対戦成績
 楽 1 - 0 オ
 ・最近の成績
 楽:●○△○○ ☆引き分け挟んで3連勝中!
 オ:●○●●● ※3連敗中…
 
  昨日の初戦は雨の中で楽天が先勝。1つ引き分けを挟んでの3連勝で借金を1つとした。
 
  勝てば勝率5割復帰の大事な第2戦、先発マウンドに登るのはエース・則本昂大。開幕投手を務めながらここまで自身2連敗中。ここまで2試合14イニングで失点は6も、味方の失策が絡んだものもあって自責はわずかに2点と内容的には悪くはない。最多勝を意識する3年目のシーズンだけにそろそろ初白星が欲しいところだが…。
 
  一方のオリックスは今シーズン3度目の3連敗。早くも首位・日本ハムとの差が8ゲームも開くなど、どん底の状態と言える。
  
  今日負ければ開幕から5カード連続の負け越しが決定。なんとか阻止したいチームの先発は新加入のブライアン・バリントン。この右腕も2試合で防御率2.31と好投を見せながら0勝1敗。未だ白星がついてこない。移籍後初勝利でチームの嫌な流れを食い止めることができるか。
 
  西武プリンスと鹿児島の試合は13時、コボスタ宮城の試合は14時プレイボール予定。11日のパ・リーグの試合は以下の通り。
 
 【4月11日の試合予定】
 ◆ 楽天(則本昂大)- オリックス(バリントン)
 <コボスタ宮城 14時00分>
 ・最近の成績
 楽:●○△○○ ☆引き分け挟んで3連勝中!
 オ:●○●●● ※3連敗中…
 
 ◆ 西武(牧田和久)- ロッテ(涌井)
 <西武プリンス 13時00分>
 ・最近の成績
 西:●●○●● ※2連敗中…
 ロ:○●●○○ ☆2連勝中!
 
 ◆ ソフトバンク(摂津正)- 日本ハム(上沢直之)
 <鹿児島 13時00分>
 ・最近の成績
 ソ:○○●△● ※引き分け挟んで2連敗中…
 日:○○○○○ ☆7連勝中!

 本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。

開幕4連敗のJ-22選抜、横浜FMのMF中島賢星ら4名を初招集

 開幕4連敗のJ-22選抜、横浜FMのMF中島賢星ら4名を初招集

 

 Jリーグ・アンダー22選抜 [写真]=Getty Images

  Jリーグは、12日に行われる明治安田生命J3リーグ第5節で、グルージャ盛岡と対戦するJリーグ・アンダー22選抜の招集選手を発表した。
 
  開幕から4試合を終え、1得点15失点の4連敗と結果が残せないJ-22選抜。今回の招集メンバーには、横浜F・マリノスのMF中島賢星ら4名が初招集を受けている。
 
  発表された16名の招集メンバーは、以下のとおり。
 
 GK
 牲川歩見(ジュビロ磐田)
 吉丸絢梓(ヴィッセル神戸)
 
 DF
 小山内貴哉(コンサドーレ札幌)
 永坂勇人(コンサドーレ札幌)
 進藤亮佑(コンサドーレ札幌)
 茂木力也(浦和レッズ)
 浦田樹(ジェフユナイテッド千葉)
 
 MF
 野澤英之(FC東京)
 平岡翼(FC東京)
 汰木康也(モンテディオ山形)
 奥川雅也(京都サンガF.C.)
 中島賢星(横浜F・マリノス)
 白井永地(水戸ホーリーホック)
 
 FW
 柳下大樹(松本山雅FC)
 三根和起(京都サンガF.C.)
 金子翔太(清水エスパルス)
 
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。

レヴァークーゼンDFスパヒッチが警備員に暴行…契約解除の可能性も

 レヴァークーゼンDFスパヒッチが警備員に暴行…契約解除の可能性も

 

 バイエルン戦に出場していたDFスパヒッチ(右)[写真]=VI Images via Getty Images

  レヴァークーゼンに所属する元ボスニア代表DFエミル・スパヒッチが、8日にホームで行われたDFBポカール(ドイツカップ)準々決勝のバイエルン戦後、警備員に暴行を加えていたことが明らかになった。ドイツ紙『ビルト』が同紙HPの中で、動画付きで伝えている。
 
  それによるとスパヒッチは、スタジアム東側の観客席にいた友人数名をピッチレベルに降りてこさせ、ロッカールームやミックスゾーンにつながる通路へ連れていこうとしたが、警備員はその友人たちをブロック。押し問答となった直後、同選手は握り拳でセキュリティ関係者たちを殴るなど暴行を加え始めたという。
 
  レヴァークーゼンの広報部長マイノルフ・スプリンク氏が明らかにしたように、すでにこの事件は「殴られた警備員からの被害届が、警察からケルン検察に提出されている」そうで、同クラブのミヒャエル・シャーデ社長も「我々は事件解明のためなら、なんでもするつもりだ。捜査結果がはっきりしたあと、クラブ内で(スパヒッチに対する)制裁や罰を決めていくことになるだろう」と、呆れ顔だ。
 
  スパヒッチとレヴァークーゼンの契約は2016年まで残っているが、同紙は「この映像が公開されたあと、果たして彼はあと何試合ここでプレーするのだろうか?」と記しており、契約解除の可能性もあると見ている。
 
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。

記事検索
ギャラリー
  • 東福岡“桁違い”3冠!決勝最多57得点&52点差、通算298点
  • イチロー T―岡田のGグラブ賞に「え、うっそ~ まじで」
  • 鶴 球児から“むちゃぶり”4勝したらハジけます
  • 大谷「Tarzan」表紙モデル!プロ野球で6人目、体幹重要性語る
  • 帝京大 筑波大・福岡止めて6連覇だ!流主将「全員で戦おう」
  • ヤマハ清宮監督、就任4年目で初の4強 古巣振り切った
  • 長谷部がKY行動?川島「プレゼント選びに付いてきてた」
  • 野で平和な暮らしを楽しむ人々
  • 復調パナソニック、「津賀改革」に潜む死角
参加中のブログ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ