ニュース速報VIP

ニュース速報VIPのニュースサイトです。ニュース速報VIPは社会、スポーツ、政治、経済、国際、環境などジャンル別に読めます。特集やエンタメ、教育、医療などの読み物、発言小町も大人気。映像ニュースなどの動画コンテンツが豊富で、天気・交通、地図などの生活情報も便利です。

旅行

東京都メトロ東西線高架下で育った「とうきょうサラダ」発売–安定栽培可能

 東京都メトロ東西線高架下で育った「とうきょうサラダ」発売–安定栽培可能

 

 東京メトロとメトロ開発は4月6日、共同運営している完全人工光型植物工場(東西線西葛西~葛西の高架下)で栽培した野菜のブランド名を「とうきょうサラダ」に決定し、東西線沿線の飲食店舗を中心に販売することを発表した。

 「とうきょうサラダ」は袋から開けた野菜をそのまま食べられる

 農薬を使用せず完全人工光で育てられた水耕栽培の「とうきょうサラダ」は、袋を開けたら洗わずにそのまま食べることができる葉物野菜。すぐに食べられる安心・安全な野菜を「東京で忙しく働く様々な人々に東京メトロがお届けする」という意味を込めて、「とうきょうサラダ」と命名した。

 1月に栽培を開始し、特定の品種については安定した栽培が可能となり、収穫した野菜については安全性を確認できたことから、販売を開始することとなった。当面は新鮮な野菜を安定的に供給するため、東西線沿線の飲食店舗を中心に販売するという。

 栽培する品種は、フリルレタスやサンチュ、ロメイン、レッドマスタード(ベビーリーフ)のほか、バジル、チコリー(ベビーリーフ)、ロロロッサ(ベビーリーフ)、エンダイブ(ベビーリーフ)などの栽培を予定している。

 栽培品種例のイメージ

 農薬を使用していないほかえぐみやアクが少なく、野菜が苦手な人にもオススメとのこと。また、季節や気候の影響を受けないため、1年中安定した品質で野菜を提供することが可能。人工光を利用した水耕栽培なので、調理の際に虫や土を取り除く必要がない。

 さらに、菌の侵入を制限した環境下で栽培することから、雑菌による野菜の傷みが少なく長期保存が可能なことや、外側の葉までキレイに使用できるため、廃棄ロスを少量に抑えることができるという。

「北斗星」ラストラン上野駅発着の様子をハイレゾ音源で1万DL限定無料配信

 「北斗星」ラストラン上野駅発着の様子をハイレゾ音源で1万DL限定無料配信

 

 ソニーマーケティングはこのほど、3月14日で定期運行を終了した寝台特急「北斗星」最後の列車の上野駅発着の様子を収録したハイレゾ音源の配信を開始した。1万ダウンロード限定で無料配信している。

 寝台特急「北斗星」

 収録にあたり、熱狂的な鉄道ファンとして知られる音楽プロデューサー向谷実氏監修の下、ハイレゾ音源に対応したソニーのリニアPCMレコーダー「PCM-D100」2台を上野駅ホームに設置。力強く鳴り響く警笛、うなるように鳴り響くブロワー、ゆっくりと通過するジョイント音などはもちろん、ラストランを見届けた約3,000人の地鳴りのような歓声、到着時に駅員が生でアナウンスする様子など、当日の様子が臨場感たっぷりに収録されている。

 あわせてDF200-7000機関車の音もハイレゾ音源化。鉄道とは思えない迫力でうなるエンジン音やメリハリあるアイドリング音、かすかに聴こえる客車のけん引音など、通常は立ち入ることができない機関室の音を収録した貴重な音源となっている。「北斗星」ラストランの音源と合わせて、mora特設ページから案内にしたがってダウンロードできる。

堀北真希、東京メトロ企業広告に2015年度も出演

 堀北真希、東京メトロ企業広告に2015年度も出演

 

 東京メトロは4月1日から、2015年度の企業広告「Find my Tokyo. ~メトロでみつかる、わたしの東京。~」を展開する。2014年度に引き続き女優の堀北真希さんを起用し、東京の街で新たな発見をしていく堀北さんの姿を通じ、各エリアのより深い魅力を描くという。

 「Find my Tokyo. ~メトロでみつかる、わたしの東京。~」キャンペーンポスター

 キャンペーンタイトルの「Find my Tokyo.」には、自分なりのお気に入りのポイントを見つけることで、東京をもっと好きになってもらいたいとの思いを込めたとのこと。テレビCMでは、YUKIさんが書き下ろした楽曲「となりのメトロ」を映像に合わせて流す。メトロに乗り、新しい出来事に出会いつつ成長していく主人公の前向きな気持ちを歌った曲で、歌詞はCMの内容と連動しているという。

 4月から開始する第1弾の広告展開では上野エリアにフォーカス。パンダのいる動物園やお花見場所としてのイメージが強いが、日本で最初に地下鉄が通るなど、「日本のはじめて」がたくさんある街としての顔を紹介する。

 「Find my Tokyo.」特設サイトも制作。CMやポスターで紹介する各エリアのイベントやキャンペーンなどのお出かけ情報、キャンペーンのコンセプトムービーなどを盛り込んだ内容で、4月1日公開予定とのことだ。

伊賀鉄道伊賀線、2017年4月から公有民営方式へ

 伊賀鉄道伊賀線、2017年4月から公有民営方式へ

 

 三重県伊賀市と近畿日本鉄道、伊賀鉄道の3者はこのほど、2017年4月から伊賀線を公有民営方式に移行することで合意に達したと発表した。

 伊賀鉄道路線図

 伊賀線は伊賀上野~伊賀神戸間16.6km、14駅のローカル線。元は近鉄伊賀線だったが、2007年10月から近畿日本鉄道(近鉄)が第三種鉄道事業者として線路を所有し、近鉄と伊賀市が共同出資する伊賀鉄道が第二種鉄道事業者として車両を運行する形式で運営してきた。年間の輸送人員は164万人、経常損益は3億1,600万円(いずれも2013年度)で、赤字については2016年度を期限に近鉄と伊賀市が補填する取決めとなっている。

 2017年度以降は伊賀市が第三種鉄道事業者となり、第二種鉄道事業者の伊賀鉄道は伊賀市から施設・車両・用地を無償で借り受けて運行と営業を行う公有民営方式(上下分離方式)となる。公有民営方式への移行にともない、近鉄は鉄道施設と車両を伊賀市に無償譲渡し、鉄道用地も無償で貸与する。あわせて一時金として3億円を伊賀市に支払うとしている。

【レポート】『フィガロジャポン』創刊25周年記念イベント、表参道ヒルズで開催

 【レポート】『フィガロジャポン』創刊25周年記念イベント、表参道ヒルズで開催

 

 【レポート】『フィガロジャポン』創刊25周年記念イベント、表参道ヒルズで開催の画像

 パリ生まれ、東京育ちのスタイル誌『フィガロジャポン』(CCCメディアハウス刊)が、創刊25周年記念イベント「Bon Voyage」を、3月28日(土)29日(日)に表参道ヒルズ 本館B3Fスペース オーで開催した。
 
 「生活すべてをおしゃれに楽しむ女性たちへ情報を発信する」をコンセプトに、創刊より25周年を迎えた『フィガロジャポン』。この記念イベントの1日目は開場前から約300人が行列を成し、2日間で延べ6400人以上が来場する盛況ぶりとなった。
 
 28日(土)に吹き抜け大階段で行われたプレミアム・セレモニーには、フィガロが選ぶ“美しい旅人”として松任谷由実さんがサプライズで登場。フィガロジャポン編集長とともに、創刊25周年をラデュレの特製ケーキで祝った。このイベントの様子は本誌7月号(5月20日発売)と公式サイト(4月中旬から順次)で、各ブースやステージコンテンツは公式サイト内特設ページで閲覧できる。
 

 本記事は「原宿プレスオンライン」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。

スターフライヤー、アプリ利用契約解約で特別損失3億5,000万円を計上

 スターフライヤー、アプリ利用契約解約で特別損失3億5,000万円を計上

 

 スターフライヤーは3月27日、旅客システム(iFly Resシステム)のアプリケーション・サービス利用契約の解約を決議し、それにともなう特別損失として、3億5,000万円を計上したことを発表した。

 同社は2013年度の業績悪化を受けて「SFJ経営合理化計画(2013-2014)」を策定し、国際線定期路線の運休を含む積極的な路線再編など抜本的な構造改革に取り組んでおり、現在も継続してコスト構造の改善、経営資源の効率的活用を推し進めている。

 同社は国際線に使用するとともに将来的には国内線にも展開する計画のもと、アイビーエス・ソフトウェアサービス・ジャパンとの間で、iFly Resシステムについての利用契約を締結していた。しかし、事業ニーズの変化や現在のiFly Resシステムの利用状況等を総合的に勘案した結果、同アプリケーション・サービス利用契約を解約し、後年度の利用料金負担を削減することが最善であると判断した。

 解約違約金を支払うことに伴い、2015年3月期において3億5,000万円の特別損失の計上を予定している。なお、2015年3月期の通期業績については現在精査中であり、業績予想の修正が必要と判断される場合は、直ちに開示するという。

日本通でもこれは駄目! 今でも苦手な日本食を日本在住の外国人に聞いてみた

 日本通でもこれは駄目! 今でも苦手な日本食を日本在住の外国人に聞いてみた

 

 器用に箸を使いこなしたり音を立ててラーメンを食べられたりと、今日では日本の食文化に親しみ、習得としている外国人も少なくない。特に日本に住んでいる外国人ともなれば、日本人以上に日本の心を会得している人もいるだろう。しかし、それでも「これは無理! 」という日本食はないのだろうか? 日本に住む外国人20人に、今でも苦手な日本食について聞いてみた。

納豆は最難関!?

 ・「納豆。においとネバネバの食感が気になる」(フランス/30歳/男性)

 ・「納豆。おいしくない」(イギリス/30歳/男性)

 ・「納豆やひじき。味だけでなく食感も合わない」(フィンランド/27歳/男性)

 ・「納豆。においの問題とネバネバしているところ。安くて栄養がいっぱいとれるのに……」(シリア/35歳/男性)

 ・「納豆はにおいから駄目」(タイ/30歳/女性)

 ・「納豆は駄目。ネバネバしているものは基本的に駄目」(ベトナム/31歳/女性)

 ・「納豆はにおいがあって、食べることができない」(オランダ/44歳/女性)

 ・「納豆。見た目とにおいが苦手」(ウクライナ/42歳/女性)

 ・「納豆。味も見た目もあまり合わない」(ミャンマー/32歳/女性)

 ・「納豆やネバネバする食材(とろろなど)がちょっと苦手。母国ではねばっとするものは食べない」(イタリア/38歳/女性)

内臓系にもハードルが

 ・「ホルモン。私は梅干しや漬物、豚足、イナゴ、白子(しらこ)など、外国人が苦手そうなものでも食べられるが、ホルモンはいまだに食べられない。においが原因」(アメリカ/26歳/男性)

 ・「馬刺し、レバ刺し、ホルモン。母国にない料理で内蔵系は苦手」(マレーシア/36歳/女性)

魚介系

 ・「魚卵は苦手のまま。母国にいた時でもあまり食べられなかった」(カナダ/31歳/男性)

 ・「サザエなど生の貝類が苦手。触感が慣れずなかなかおいしいと思えない」(ドイツ/39歳/男性)

 ・「もともとエビが苦手だから、エビが入っている食べ物は全て苦手。豆腐も味がしないから苦手」(スペイン/32歳/女性)

そのほか

 ・「オクラなど。ネバネバが苦手」(韓国/48歳/男性)

 ・「奈良漬。味が合わない」(インドネシア/37歳/男性)

 ・「宗教上から最も苦手なものは豚肉」(トルコ/39歳/男性)

 ・「ワサビ。においがきつい」(中国/28歳/女性)

 ・「生卵。生だからおなかを壊しそう」(ブラジル/30歳/女性)

総評

 欧州のみならず、中東や東南アジア出身者からも苦手という声があったのは納豆。独特なにおいとネバネバがどうもなじめないらしい。日本人でも苦手という人もいるのでしょうがないのかもしれないが、最近ではにおいを抑えた納豆も開発されている。においでシャットアウトしてきた人には、ぜひ一度試していただきたい。

 内臓系は海外でも食べられているのだが、欧米ではタンのような比較的くせの少ないものが好まれているためか、こちらもややハードルが高いようだ。魚介系であがったものは、外見にインパクトがあるというのもひとつの理由かもしれない。筆者も海外で生卵の話をしたことがあるが、国籍を問わず外国人にびっくりされたことがある。一般的に生卵が食べられるのは日本くらいなので、海外に行く際は日本人も気をつけるようにしよう。

 ※本文と写真は関係ありません

東京都・渋谷駅にモフモフの巨大クロネコが出現! 期間限定で触り放題

 東京都・渋谷駅にモフモフの巨大クロネコが出現! 期間限定で触り放題

 

 ヤマト運輸は3月30日~4月6日10時ごろまでの期間限定で、東急電鉄・東横線渋谷駅(東京都渋谷区)にて巨大なクロネコのオブジェを掲出している。

 東急電鉄・東横線渋谷駅(東京都渋谷区)に出現した巨大なクロネコのオブジェ

 同社は3月27日から、新商品「宅急便コンパクト」「ネコポス」のテレビCMを放送している。今回掲出を開始したオブジェは、CMに出演しているクロネコをモチーフにしたもの。

 オブジェの横幅は4m以上、高さは2m以上で、ネコの毛並みも再現。実際に近づいて触ることもできるという。クロネコの目や鼻の部分は立体的な造りになっており、掲出直前までスタッフの手によりブラッシングが行われるなど、「モフモフ」の毛並みの感触にもこだわっているとのこと。

 毛並みの感触にもこだわっている

 クロネコの目

 クロネコの鼻も触ることができる

記事検索
ギャラリー
  • 東福岡“桁違い”3冠!決勝最多57得点&52点差、通算298点
  • イチロー T―岡田のGグラブ賞に「え、うっそ~ まじで」
  • 鶴 球児から“むちゃぶり”4勝したらハジけます
  • 大谷「Tarzan」表紙モデル!プロ野球で6人目、体幹重要性語る
  • 帝京大 筑波大・福岡止めて6連覇だ!流主将「全員で戦おう」
  • ヤマハ清宮監督、就任4年目で初の4強 古巣振り切った
  • 長谷部がKY行動?川島「プレゼント選びに付いてきてた」
  • 野で平和な暮らしを楽しむ人々
  • 復調パナソニック、「津賀改革」に潜む死角
参加中のブログ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ