ニュース速報VIP

ニュース速報VIPのニュースサイトです。ニュース速報VIPは社会、スポーツ、政治、経済、国際、環境などジャンル別に読めます。特集やエンタメ、教育、医療などの読み物、発言小町も大人気。映像ニュースなどの動画コンテンツが豊富で、天気・交通、地図などの生活情報も便利です。

びっくり・仰天ニュース

「モン・サン・ミシェル」18年ぶりの大潮で橋が沈み、完全な孤島に…海外の反応

「モン・サン・ミシェル」18年ぶりの大潮で橋が沈み、完全な孤島に…海外の反応

 

フランスの修道院「モン・サン・ミシェル」“Le Mont-Saint-Michel”は、世界遺産として知られる有数の観光スポット。

【この記事の全ての画像・動画を見る】

満潮時には海に囲まれ、干潮時には周囲を歩けるほど水位が下がるのですが、皆既日食の影響で18年ぶりの大潮となり、完全な孤島となったそうです。

陸橋まで水没したモン・サン・ミシェルの姿をご覧ください。

完全に孤立した島に!

普段から満干の差は激しいのですが、3月20日の皆既日食の影響で18年ぶりの大潮となり、ここまで水位が上がったそうです。

本来は干潮のときのみ本土とモン・サン・ミシェルの往来が可能でしたが、1879年に橋を架けて常に行き来できるようになりました。

しかしながら橋が潮流をせき止めた関係で、それ以降2mも砂が積り、完全な孤島の状態になることは、現在ではまれだそうです。

沈んだ橋に駆けつけた観光客たち。

この状況に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

●もともと海に囲まれているんだよ。ただし道路1つで行き来はできる。

満潮時。

干潮時。

●今の状態。

↑そこにあるクレーン車は、やばい・やばい・やばい! だな。

↑それはクレーン車じゃない。

↑じゃあ何?

↑掘削機のようだ。

●そこまで高く水位が上がるのは、春分と秋分のときだ。

●もっと頻繁にあるんだと思っていた。

↑毎日だと思っていた、観光で行ったときに1日のうちに満潮と干潮を体験したよ。

↑毎日、満潮・干潮はあるけどそこまでは高くはならない。道路は水の上だ。

●2003年に訪問したけれど、すばらしいところだったよ。今でも自分が過ごした休暇の中で、最高の思い出。

●どこに人が住んでいるの?

↑村だからね。2011年の記録だが41人が住んでいるそうだよ。

●そして毎日、南極の氷が1つずつ解けていったら……。

季節によって水位の高さも変わるようですが、もっとも水位が高い時は道路も使えなくなってしまうようです。

どちらのときも訪れてみたい場所ではあります。

A supertide has turned France’s famed Mont Saint-Michel into an island. This happens every 18 years.

【海外発!Breaking News】「公共の場での授乳は自由」の新法案、サンパウロ市議会で承認。妨げた者は罰金刑。

【海外発!Breaking News】「公共の場での授乳は自由」の新法案、サンパウロ市議会で承認。妨げた者は罰金刑。

 

公共の場で乳房を出して母乳を与えるのは是か非か。これを目の前でやられたら少年から大人の男性までどうにも困惑してしまうものだが、ブラジルでは“堂々とやってOK”という新法案が承認されたもようだ。

レストランで食事中に泣き出した赤ちゃん、おもむろに乳房を出して赤ちゃんの口にふくませる母親。周囲の男性客はもう気になって仕方がない様子だ。少し意地悪い目を向ける女性客と、小さな声で「ここでの授乳はちょっと…」と声を掛ける店長。しかしブラジルで、今後これをやったら罰金刑になることが決まった。母親ではなく、店長が罰せられることになる。

女性のパワーが非常に強いことで知られるブラジル・サンパウロ市。子育てに関してもしっかりと権利の主張を続けてきた彼女たちは今、飲食店から文化・教育施設までを含むすべての公共の場でオッパイをあげてよしという新たな権利を得たもよう。新法案の承認により、もしも授乳を妨げる者があれば1万8千円ほどの罰金が科せられることになると英メディア『metro.co.uk』ほかが伝えている。

公共の場での授乳に関して“是か非か”で結構もめてきた欧米。授乳中に「露出好きのアバズレ」といった侮辱の言葉を浴びせられる女性もいるといい、これでやっと授乳は猥褻な行為でもなんでもないことが、法の力で証明されたとサンパウロ市の女性たちは喜んでいる。

※ 画像はindependent.co.ukのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

UFOか宇宙ゴミか!? 定点カメラが捉えた時速500kmの“奇妙な光”に動揺広がる=米・オクラホマ州

UFOか宇宙ゴミか!? 定点カメラが捉えた時速500kmの“奇妙な光”に動揺広がる=米・オクラホマ州

 

 アメリカ人の朝は早い。6時ごろから仕事を始める人も珍しくないため、スターバックスなどはさらに早い時間帯から開いているほどだ。そのような国では、やはりUFOも早朝から活動を開始するのだろうか? というのもオクラホマ州で、早朝ニュース番組の定点ライブカメラが、偶然にもUFOを捉えてしまったようなのだ。まずは動画をご覧いただこう。

動画はこちらから

 今月12日の午前6時ごろ、まだ真っ暗な空を駆け抜けた不思議な光――。その飛行スピードは極めて速く、軌跡も直線的だ。映像は、ショーニーという町にあるホテルの屋上から撮影されたものだが、カメラを設置した地元放送局KOCOのスタッフも、不思議な光の正体を突き止めることはできなかった。そこで彼らは、番組で広く意見を募ることにした。

 視聴者たちからは、「謎の光の速さは時速500km近くに達するのではないか」という分析や、「まっすぐな軌道は、飛行機・ドローン・中国提灯などではあり得ない」、「カメラのレンズに何かが反射しただけでは?」など様々な声が寄せられたが、謎は一向に深まるばかり。

 そこで番組スタッフは地元のローズ州立大学を訪れ、工学を専門とするスティーブン・フォーラー氏と、自然科学を専門とするスティーブ・カラーノ氏の見解を聞くことにしたのだった。

「エンドウ豆ほどか、もしくはそれ以下のサイズの隕石かもしれません。その類は、燃えながら、まっすぐな軌道でやって来るものですから」
「最も可能性が高いのは、非常に小さな隕石、または宇宙ゴミでしょう」

 2人はこのように語った上で、「エイリアンのような知的生命体のものだとは思わない」とした。しかし、これに異を唱えるのはUFO研究家のスコット・ウェアリング氏だ。彼は自身のサイト上で、次のように述べている。

「宇宙ゴミ? どこに証拠があるっていうんだ? これはまさしくUFOだ」
「少しずつ(カメラを通して)公衆の目に触れること、それこそがUFOの策略なのだ」

 スコット・ウェアリング氏の説が正しければ、私たちは徐々に地球外生命体の計画に取り込まれてしまっていることになるが……。果たして真相はいかに?

「うちの大学の図書館がFacebookに上げた写真を見て…ショックを受けた」

「うちの大学の図書館がFacebookに上げた写真を見て…ショックを受けた」

 

Facebookは、公共の組織のお知らせにもよく使われていますが、アメリカの大学の図書館が「改装にともなう館内の写真」を投稿したところ、ちょっとした話題を呼んでいました。

【この記事の全ての画像・動画を見る】

その写真をご覧ください。

ぎゃああ!

美しくきれいに並べられた本たちが……

無残にも棚ごと横転しています。

(We’d call this a minor setback. Some of our… – UT Dallas McDermott Library)

場所はテキサス大学ダラス校だそうで、Facebookではこんな感じ。

この、ちょっと悲しいお知らせに対する、海外の反応をご紹介します。

●ええと、いったい何があったって言うんだ?

↑Facebookの説明によると、「これはちょっとした遅れと呼んでいます。改装途中でいくつかの棚が崩壊しました。きっと本を拾う作業が楽しいでしょう」とあった。

↑それは本を拾うことへの文句なのか、それとも本当に楽しいのかどっちなんだろう。

↑自分なら時給か月給かによりそれが変わる。

●おお、人文学ね!

●オレは女の子がその下敷きになっているという続報を待ってる。

●返却カートではなく、自分で本を戻そうとするとこうなるんだよ。

●ほとんどの本たちにとって、これ以上のアクションはもうほぼない。

↑ちょっと悲しくなった。

↑それが図書館ライフというものだ。循環、活用量、統計というのは思い通りにはならない。

●見えるカーペットドライヤーも悪い兆候だ。

●ほら、IKEAの傑作をやっと組み立てて、終わったときに1枚の合わせ金具が余っていると、こういう感じになるんだよ。

悲惨なことになっていますが、重い本棚が崩壊するとこうなるという例ではありました。

So my University’s library just uploaded these pictures to their Facebook page

どう見ても石にしか見えない植物…「魔玉」と呼ばれる観葉植物がこちら

どう見ても石にしか見えない植物…「魔玉」と呼ばれる観葉植物がこちら

 

「魔玉」と呼ばれる、見た目が石ころそっくりの観葉植物があるのをご存じでしょうか。

どのくらい石に似ているのか、写真をご覧ください。

1.

どれが石!? 

……と思うくらい、周りの石に溶け込んでいます。

2.

青みがかっていても、やはり石にそっくり。

3.

花が咲いたとき。

海外では“Lapidaria margaretae”(ラピダリア・マーガレッタ)と呼び、多肉植物の一種で原産地は南アフリカ。

【この記事の全ての画像・動画を見る】

4.

サボテンも多肉植物に含まれますが、なるほど、サボテンの仲間と思えば少し理解できるかも。

5.

広がると、少し幾何学的なフォルムに。

6.

ビームでも放出しそうなデザイン?

「魔玉」という和名がついたのも納得ですね。

どんな形状のときも植物とは思えませんが、日本でもサボテン同様に観葉植物として流通しているそうです。

Lapidaria margaretae looks like stones

【海外発!Breaking News】アイスクリームに「リステリア菌」で3名死亡。米・有名酪農ブランド大量リコール。

【海外発!Breaking News】アイスクリームに「リステリア菌」で3名死亡。米・有名酪農ブランド大量リコール。

 

米テキサス州の有名酪農ブランド「Blue Bell」が、人気アイスクリームの大量リコールを発表した。発症すると死ぬこともある「リステリア症」がカンザス州で発生したためだ。

米テキサス州ブレナムを本拠地に全米展開する「Blue Bell Creameries」社。100年以上の歴史を誇る信頼のブランドが同社の「Blue Bell」アイスクリームが原因とみられる「リステリア症」が確認されたとして、このほど大々的なリコールを発表。畜産業界にも波紋を広げている。

米・食品医薬品局(FDA)が発表したところによれば、カンザス州の病院で同社のアイスクリームを食べたという5名の患者がリステリア症につき治療を受けているが、そのうち3名が死亡。米・疾病予防管理センター(CDC)に持ち込まれたサンプルを調べた結果、同社のミルクシェイクやアイスクリームからリステリア菌が検出され、生産工場での汚染経路の調査が開始されている。「Blue Bell」商品はすでに店舗から姿を消しているが、家庭の冷凍庫に買い置きしてある分についても廃棄するよう呼び掛けられている。

米国では毎年数百名の死者を出しているこのリステリア症。食べ物を通じて感染するもので潜伏期間は数時間~3週間ほど。悪寒、発熱、頭痛、筋肉痛が初発症状で胃腸症状は人によりけりであるため、インフルエンザと勘違いされるうちに髄膜炎や敗血症に進行した場合、患者の10%が死亡するという恐ろしい病である。今回の5名の患者はいずれもカンザス州ウィチタの「Via Christi Hospital St. Francis」という大病院に入院あるいは通院していた患者で、院内で購入した「Blue Bell」ブランドの乳製品から感染した可能性も指摘されている。

※ 画像は商品のイメージです。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

スプーン曲げで有名な超能力者ユリ・ゲラーが日本語で曲を出していたらしい!!

スプーン曲げで有名な超能力者ユリ・ゲラーが日本語で曲を出していたらしい!!

 

子供の頃、超能力ごっこと称してスプーン曲げに挑戦して遊んだことはありませんか? 記者は学校の給食用スプーンで挑戦したものの、全然曲がらなくて結局手で曲げてしまったことがあります。

動画を見る

本日YouTubeからご紹介するのは、そんな“スプーン曲げ” や “止まった時計を動かす” 等の超能力で一世を風靡した超能力者ユリ・ゲラーが過去に出していた「ムード」という曲。怪しげな音楽と共に、ユリ・ゲラー自身が話しかけてくるのです。しかも日本語なのです。そしてちょっと、怪しいのです……

【不思議ちゃんキャラのユリ・ゲラー】
イスラエル生まれの超能力者ユリ・ゲラーは、日本の超能力ブームの火付け役となった人物ですが、「何兆後年も離れた惑星フーバの宇宙船からコンピュータで操作されている」(アンドリア・プリハッチ著「超能力者ユリ・ゲラー」より)という逸話を持ち、女優のソフィア・ローレンと一緒にいるかのような合成写真を作成して非難をあびたり、さらにはスタンフォード研究所での超能力の実証実験を勝手に終了して帰ってしまったりと、かなりの「不思議ちゃん」のよう。

【一体どんな曲なのか】
そんなツッコミどころ満載な気配がプンプン漂うこの曲、一体どんな内容なのでしょうか?

「ココロヲムナシクシテ タダネンズルノミ」というユリ・ゲラーのつたない日本語から始まる「ムード」。

曲の中でユリ・ゲラーは、フォークやスプーンを曲げる方法を伝えてくれる一方、「曲がらなくても大丈夫。自分もそんな時がある」とも慰めてくれます。すべてつたない日本語で。笑っちゃいけません。ユリ・ゲラーは真剣です。

全体的には「念ずれば出来ないことは何も無いけれども、でもムードによっては出来ない時もある」という、意思が強いような弱いような、すごいのかすごくないのか、まさにユリ・ゲラーらしい人間味溢れる仕上がりとなっています。

【視聴者の声】
これを聴いた視聴者からは「これを聴くと曲がったiPhone6が元通りに!?」と期待する意見も寄せられている模様。もしかしてもしかすると、この曲を聴くことであなたの潜在能力が引き出されてしまうかもしれません。

不思議な気分になれる、超能力者ユリ・ゲラーの「ムード」。それではどうぞお楽しみ下さい。

参照元=YouTube
執筆=南野バンビ (c)Pouch

米ボストンの「聖パトリック」パレード、同性愛活動家が初参加

米ボストンの「聖パトリック」パレード、同性愛活動家が初参加 

 [ボストン 15日 ロイター] – 米マサチューセッツ州ボストンで行われた「セントパトリックスデー」のパレードに、同性愛活動家が114年の歴史で初めて正式参加した。「ボストン・プライド」と「OutVets」の2つの同性愛者団体が参加。虹色の旗を掲げながら、サウスボストン中心部を練り歩いた。

 パレードの主催者は同性愛がローマカトリックの教義に反するとして、過去20年にわたり同性愛活動家の参加を認めていなかったが、そうした姿勢を見直すよう求める圧力が高まっていた。マサチューセッツ州では2004年に、米国で初めて同性婚が合法化された。

 ニューヨーク市のデブラシオ市長は、同市で今年行われるパレードについて、同性愛者の権利擁護団体が1団体しか行進を認められていないとして、前年に続き参加を見送ると表明している。

 Thomson Reuters 2015 All rights reserved.

記事検索
ギャラリー
  • 東福岡“桁違い”3冠!決勝最多57得点&52点差、通算298点
  • イチロー T―岡田のGグラブ賞に「え、うっそ~ まじで」
  • 鶴 球児から“むちゃぶり”4勝したらハジけます
  • 大谷「Tarzan」表紙モデル!プロ野球で6人目、体幹重要性語る
  • 帝京大 筑波大・福岡止めて6連覇だ!流主将「全員で戦おう」
  • ヤマハ清宮監督、就任4年目で初の4強 古巣振り切った
  • 長谷部がKY行動?川島「プレゼント選びに付いてきてた」
  • 野で平和な暮らしを楽しむ人々
  • 復調パナソニック、「津賀改革」に潜む死角
参加中のブログ
プロフィール

ニュース速報VIPの...

  • ライブドアブログ