ニュース速報VIP

ニュース速報VIPのニュースサイトです。ニュース速報VIPは社会、スポーツ、政治、経済、国際、環境などジャンル別に読めます。特集やエンタメ、教育、医療などの読み物、発言小町も大人気。映像ニュースなどの動画コンテンツが豊富で、天気・交通、地図などの生活情報も便利です。

経済

環境に配慮した太陽光発電ファンドの発電所が稼働を開始、SBIグループ

 環境に配慮した太陽光発電ファンドの発電所が稼働を開始、SBIグループ

 

  SBIホールディングス <8473> のグループ会社であるSBI証券と、SBIマネープラザが組成した太陽光発電ファンド第一、二号、三号の資産の一部で、鹿児島に建設する指宿太陽光発電所の竣工式を開催した。
 
  発表によれば、指宿太陽光発電所は、鹿児島県の霧島錦江湾国立公園内に建設される予定。施工はKDDIエンジニアリングが行ったもので、2015年3月末に完工。稼働を開始した。太陽光発電ファンドの組成に加わったアール・エス・アセットマネジメントは「同施設は、自然公園法の法規制を遵守し、国立公園の景観を損ねることなく完成した数少ない太陽光発電所だ」としている。
 
  また、同太陽光発電太陽光発電ファンドは、2012年7月より開始された環境に配慮して発電された電力を定額で買い取る「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用して、売電収入を原資としている。そのため長期的に安定した投資機会を投資家に提供できたとされており、いずれのファンドも完売している。なお、3ファンドの資産合計金額は約30億円に上る。
 
  SBIグループは、「政府が推進する再生可能エネルギーの普及・拡大や社会全体の環境負荷低減に貢献し、投資家の皆さまに魅力的な投資機会を提供するべく、今後も、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギー発電事業に関連したファンドを積極的に取り扱う」としたうえで、2016年3月期には100億円規模の太陽光ファンドの募集を目指すとしている。(ZUU online 編集部)

【プロ野球】ソフトバンク、鷹の祭典専用ユニフォーム「プロコレクション」限定発売

 【プロ野球】ソフトバンク、鷹の祭典専用ユニフォーム「プロコレクション」限定発売

 福岡ソフトバンクホークスは、チームの恒例イベント・鷹の祭典2015で着用する専用ユニフォームの選手着用モデル「プロコレクション」を4月10日より限定数で受注を開始すると発表した。 ●鷹の祭典2015プロコレユニフォーム 鷹の祭典2015で選手が着用するユニフォームと同じミズノ社製。サイズは、S、M、L、O、XO、2XO。生産数はサイズ合計150着。4万5000円(税込み)。 ●鷹の祭典2015プロコレキャップ 鷹の祭典2015で選手が着用するキャップと同じNEW ERA社製。メッシュ素材でNPBワッペン付属。「59FIFTY サイズステッカー」が付く。サイズは53.9~63.5cm 全11サイズ。生産数は300個。6800円(税込み)。 鷹の祭典2015専用デザインの「熱男レボリューションイエロー」は、レボリューションイエローとストライプラインによる歴史継承、原点回帰の表現、カチドキレッドの縁取りに託された球団未踏の連続日本一への強い思いが伝わるデザインになっている。 受注期間は4月10日(金)~4月19日(日)。配送は6月下旬。また、鷹の祭典2015では全入場者(ビジター応援席を除く)に、鷹の祭典2015専用ユニフォームのレプリカが配布される。

[注目トピックス 市況・概況]日経平均テクニカル:ストキャスは過熱ゾーンに

 [注目トピックス 市況・概況]日経平均テクニカル:ストキャスは過熱ゾーンに

 *18:31JST 日経平均テクニカル:ストキャスは過熱ゾーンに
 
 日経平均は小反落。2万円回復後はこう着感の強い展開に。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジ内での推移。5日線が支持線として機能しており、トレンドは変わらず。達成感が意識されやすいなか、+1σ辺りまでの調整はありそうだ。ただ、3/23高値とのダブルトップを拒否する格好で上放れており、直近の調整幅をリプレイスした20600円辺りが意識されてくる。MACDは陽転シグナルを継続されているほか、パラボリックは陰転するには19000円前半レベルまで下げる必要があるため、陰転リスクは小さい。ストキャスは過熱ゾーンに。
 
 
 《KO》

新社会人に「節約するな」のススメ 目先の貯金より大切なコト

 新社会人に「節約するな」のススメ 目先の貯金より大切なコト

 

 年金への不安が広がるなか、将来のことを考えて貯金しておく、という若者は結構いるようだ。高くはない給料から貯金するために、様々な節約術を試している、という人もいるのでは。

 ところが、若者に向けて「貯金したいなら節約するな」という主張が出て、ネット上で話題になっている。

学生時代の友人との飲み会や、勉強会に参加すべき

 話題の主張は2015年3月25日、東洋経済オンラインに掲載された。社会保険労務士の井戸美枝氏による新社会人に向けての記事で、見出しはズバリ「たっぷり貯金したいなら、節約はするな」だ。

 全産業ベースの男女合わせた、新規学卒者の初任給額の平均が18万7100円だとして、「え~っ、たったのコレっぽっち」と思っても、「だからといって、いきなり節約に励むのも、お勧めできない」というのだ。

 給料が2万円余ったとして、それを「いくら長く預けても全く利息が付かない預金口座に、いそいそと預けてしまう」と、その金は「もはや死んだのも同然」。

 将来の経済効果を考えれば、「未来のお客様になる可能性がある」学生時代の友人との飲み会や、スキルが高まるだけでなく強力な人脈も作れる可能性がある勉強会などに使うべきだ、と主張している。

 そして「これからの時代、節約よりも収入源を増やすことの方が、より大事」だとして、アフィリエイトやネットトレードなどの副業、副業が本業の収入を超えたら起業、結婚した際には少しで良いから2人とも働いて収入源を確保すること、を勧めている。

「自己投資は惜しむな」「使えば何倍にもなって戻ってくる」賛同意見も

 この記事に対し、ツイッターでは

「新卒がいきなり副業始めていい顔してくれる会社なんてあるんかいな」
 「20代の若手社員がやるべきことは副業なんだろうか?本業で成果を出した方が収入あがんないかね」

 など、疑問も書き込まれている。

 一方、「理解できる」という声も少なくない。

「これは本当。死に金でない限りガンガン使った方がいい。何倍にもなって戻ってくる」
 「貯金が美徳だったのは高金利時代の話。自己投資は惜しむべきでない。だが余程高収入でなければ自己投資のための倹約は必要」
 「20代の自分への投資はいつかきっと大きなリターンになるね」

 新社会人や若手社員にとって、決して多くない給料でも自分への投資は重要、ということのよう。結局自己投資を捻出するために節約する羽目になりそうだが・・・。(MM)

[注目トピックス 日本株]タカショー Research Memo(10):目標配当性向は30%、利益成長に伴う増配余地に期待

 [注目トピックス 日本株]タカショー Research Memo(10):目標配当性向は30%、利益成長に伴う増配余地に期待

 *18:03JST タカショー Research Memo(10):目標配当性向は30%、利益成長に伴う増配余地に期待
 
 ■株主還元
 
 タカショー<7590>は、配当方針として配当性向30%を目標としている。2015年1月期は、期初予想どおりに年17.00円配に決定した。2016年1月期も同じく17.00円配(配当性向33.5%)を予定している。同社は、積極的な海外展開や新たな市場の創造を含め、これまでの先行投資効果の実現により成長を加速していく計画であり、利益成長に伴う増配の余地は十分にあると期待できる。
 
 また、同社のガーデニンググッズによる株主優待制度も導入している。
 
 (執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)
 
 
 《FA》

[注目トピックス 日本株]タカショー Research Memo(5):庭での暮らし方の啓発活動やマイスター制度で市場創造をけん引

 [注目トピックス 日本株]タカショー Research Memo(5):庭での暮らし方の啓発活動やマイスター制度で市場創造をけん引

 *17:49JST タカショー Research Memo(5):庭での暮らし方の啓発活動やマイスター制度で市場創造をけん引
 
 ■企業特徴
 
 ガーデニング&エクステリア分野で幅広いソリューションを提供
 タカショー<7590>の特徴は、ガーデニング及びエクステリア分野で幅広いソリューションを提供できるオンリーワンであるということである。同社は、「やすらぎのある空間づくり」や「庭での暮らし方を提案するライフスタイルメーカー」という事業コンセプトに基づき、生活者意識の変化や時代の先を見据えながら、ソリューション領域を拡充してきた。また、この業界において海外展開できる体制を構築している企業も他にはない。同社は、ソリューション領域の拡充や海外展開により、世界規模で広がっている需要の拡大を同社の成長に取り込む方針である。さらに、海外展開はガーデニング分野における業績の季節性(春から夏に偏重)を解消することにもつながると考えられる。
 
 企画から製造、販売、サービスまで一貫体制により現場価値を高める仕組み
 企画から製造、販売、サービスまでを手掛ける一貫体制にも特徴がある。この体制によって、コスト競争力を高めるとともに、現場視点による商品開発やグループ一体となった価値提供が可能となっている。プロユース向けが伸びているのは、現場価値を高める同社の商品力やソリューション提供力が、ハウスメーカーや工務店を中心に高く支持されていることが要因として考えられる。
 
 ライフスタイルの提案や啓発活動により市場を創造
 同社の成長の背景には、庭での暮らし方の提案や積極的な啓発活動を行うことによって市場を創造してきたことも挙げられる。2013年に東北支店、2014年に広島支店を移設新築、さらに2015年9月には首都圏営業所の新設を計画しており、ショールームの整備を積極的に進めている。これは、同社が提唱する「リビングガーデン」のライフスタイル提案を体感してもらう拠点となるもので、こうした全国に開設しているショールームや展示会の開催、日本初の本格的なガーデンセンターのオープンなどを通じて、積極的な啓発活動を行っている。一方で、業界における資格制度であるマイスター制度の設立やリフォームガーデンクラブの組成など、業界全体を活性化させるインフラやネットワーク構築にも尽力し、業界のリーディングカンパニーとして市場の創造、育成にも努めている。
 
 「エクステリア&ガーデンライティング マイスター制度(庭照明のプロを養成することを目的とした研修会)」は、2010年2月に設立以来、全国68会場にて受講社数1,287社、受講人数3,934名の実績を上げており、2015年中には5,000名に増やす計画である。…

[注目トピックス 日本株]タカショー Research Memo(7):ガーデニング業界の近代化への強い思いから創業、事業基盤を拡大

 [注目トピックス 日本株]タカショー Research Memo(7):ガーデニング業界の近代化への強い思いから創業、事業基盤を拡大

 *17:54JST タカショー Research Memo(7):ガーデニング業界の近代化への強い思いから創業、事業基盤を拡大
 
 ■沿革と業績推移
 
 (1)沿革
 
 タカショー<7590>は、1980年に現代表取締役社長の高岡伸夫(たかおかのぶお)氏によって、造園及び庭園資材の販売を目的として、和歌山県海南市に設立された。父親が営んでいた高岡正一商店(竹垣などを結ぶのに使うシュロ縄等の卸売業を行う個人商店)の事業を発展させ、ガーデニング素材を販売するのみならず、ライフスタイル全般の提案を通じて、全国規模の事業展開を目指すことが設立の経緯であった。社名の由来は、高岡正一商店の短縮形として名付けた。
 
 その後、「ガーデニング業界を近代化し、市場を自ら創っていきたい」という強い思いに支えられ、全国各地に営業所や配送センターを設けながら、順調に事業基盤を拡大した。バブル経済やガーデニングブームなどの追い風もあったものの、「やすらぎのある空間づくり」という一貫したコンセプトに基づき、独自性の強い商品の開発や啓発活動を続け、着実に市場を創造してきたことが同社の成長を支えたと考えられる。1998年には業界で初めて店頭公開(現東証JASDAQ市場に上場)を果たした。
 
 海外展開にも積極的であり、1995年に中国天津に販売子会社を設立すると、その後は相次いで、台湾、オーストラリア、ドイツ、韓国、ベトナム、英国等に拠点を構え、海外展開の基盤を構築していった。
 
 また、2001年にガーデンライフスタイルデザイン研究所を大阪府に開設したほか、2010年には、業界における資格制度として「エクステリア&ガーデンライティングマイスター制度」を立ち上げるなど、業界のリーディングカンパニーとしての活動も行っている。
 
 (執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)
 
 
 《FA》

[注目トピックス 日本株]タカショー Research Memo(9):グローバル展開や非住宅領域での得意の一貫供給で更なる成長を目指す

 [注目トピックス 日本株]タカショー Research Memo(9):グローバル展開や非住宅領域での得意の一貫供給で更なる成長を目指す

 *17:59JST タカショー Research Memo(9):グローバル展開や非住宅領域での得意の一貫供給で更なる成長を目指す
 
 ■成長戦略
 
 タカショー<7590>は、「ガーデン&エクステリア ライフスタイル メーカー」として更なる成長を実現するため、(1)垂直ビジネス、(2)グローバルビジネス、(3)トータル化ビジネス、(4)近代化ビジネスの4つの方向性を掲げている。
 
 (1)垂直ビジネス
 
 同社の特徴である「企画から製造、販売、卸、サービス(メンテナンス)までの一貫したビジネスモデル」を更に進化させ、現場視点による価値創造とコスト競争力を高めていく方針である。
 
 (2)グローバルビジネス
 
 同社は、ガーデニング及びエクステリア分野における幅広いソリューションを世界規模で提供できるオンリーワンとして、海外展開にも注力する。中国での生産能力及び生産効率を高め、ホームユース向けを中心に、欧州、米国、オーストラリアのほか、韓国や中国現地への販路拡大を進めている。欧州では、英国子会社ベジトラグの開発商品である「ベジトラグアイテム」が好調であるが、2015年2月にはベジトラグを通じて米国ペンシルベニア州に販売子会社を設立し、市場の大きな米国で更なる販路拡大を進めている。一方、生産拠点である中国には約2万坪の工場を擁しているが、稼働率はまだ30%程度と推定される。したがって、米国市場からの受注拡大にも対応可能であるとともに、稼働率の向上により損益改善の余地もあるとみられる。
 
 同社はホームユース向けについては、ガーデニングの本場である英国で企画・ブランド化した定番商品をアジア(中国)で大量生産し、日本を含めた世界各地に提供するグローバル展開を目指している。また、国内で生産しているプロユース向け(エクステリアやコントラクト分野)の販路拡大についても推進する構えである。
 
 (3)トータル化ビジネス
 
 同社は、ガーデン及びエクステリアの住宅領域に加え、市場規模の大きな非住宅領域であるコントラクト市場(非住宅市場向けの建材、外装)にも本格参入した。ソリューション領域の更なる拡大を図るとともに、そこから派生する様々なニーズに対して、業態に捉われることなく、国内外のグループが一体となった価値提供を行っていく方針である。なお、コントラクトでは、需要が拡大している景観建材として「エバーアートボード」や「エバーバンブー」等の提案を強化していく。…

記事検索
ギャラリー
  • 東福岡“桁違い”3冠!決勝最多57得点&52点差、通算298点
  • イチロー T―岡田のGグラブ賞に「え、うっそ~ まじで」
  • 鶴 球児から“むちゃぶり”4勝したらハジけます
  • 大谷「Tarzan」表紙モデル!プロ野球で6人目、体幹重要性語る
  • 帝京大 筑波大・福岡止めて6連覇だ!流主将「全員で戦おう」
  • ヤマハ清宮監督、就任4年目で初の4強 古巣振り切った
  • 長谷部がKY行動?川島「プレゼント選びに付いてきてた」
  • 野で平和な暮らしを楽しむ人々
  • 復調パナソニック、「津賀改革」に潜む死角
参加中のブログ
プロフィール

ニュース速報VIPの...

  • ライブドアブログ