ニュース速報VIP

ニュース速報VIPのニュースサイトです。ニュース速報VIPは社会、スポーツ、政治、経済、国際、環境などジャンル別に読めます。特集やエンタメ、教育、医療などの読み物、発言小町も大人気。映像ニュースなどの動画コンテンツが豊富で、天気・交通、地図などの生活情報も便利です。

野球

「元・回文芸人記者」 楽天編「改革期 大久保指揮し ぼく大きく開花」

「元・回文芸人記者」 楽天編「改革期 大久保指揮し ぼく大きく開花」 

   楽天の大久保新監督に会いに行くと、気さくに迎えてくれた。「自分もお笑い番組(ボキャブラ天国)の審査員をやったことがあるから、お笑いは好きですよ。絵もうまいねえ」。いきなりの好感触。つかみはOKだ。
 
  最下位からの巻き返しを図る今季、「デーブ改革」を打ち出しているので「改革期 大久保指揮し ぼく大きく開花」という長~い回文をつくった。「8人制紅白戦」、「中継ぎ投手のローテーション制」などの改革案は「2軍(監督)の時から考えていた」という。
 
  ドラフトで昨年は松井裕、今年も安楽と2年連続で高校No・1投手を獲得した。両投手について「無理をさせない。まず体力をつけるということ。将来は普通に2桁勝つ投手」と、じっくり育てる方針。「抱いた(いだいた)期待大」(回文)というのが伝わってきた。
 
  大久保監督は名前に「ぼく」をつけるだけで回文が完成する。「ぼく大久保」というネタは芸人時代に日本テレビ「エンタの神様」でやった記憶がある。また、日本一になった13年のリーグ順位は上から楽天、西武、ロッテだったが、14年は下からこの順番。回文的なペナントレースとなった。今年も回文的になれば…。そんな回文に縁がある大久保監督だが、ブーイングを浴びる「ブー!!デーブ」というネタだけは現実にならないことを願う。
 
  ▼回文とは 「竹やぶ焼けた(たけやぶやけた)」「確かに貸した(たしかにかした)」など、普通に読んでも、逆さから読んでも同じになり、意味が通じる文のこと。言葉遊びの一種。
 
  ≪まだあるぞ!!【楽天】回文≫
 
  ▽「斎藤尊いさ」(さいとうとうといさ)今月14日に45歳の誕生日を迎える斎藤はチームの精神的な支柱だ。
 
  ▽「藤田自負」(ふじたじふ)藤田は二塁で2年連続ゴールデングラブ賞を獲得。「藤田のプレーを見たいと球場に来てくれる方々がいる」と守備の名手であることを自負している。
 
  ◆渡辺 剛太(わたなべ・ごうた)1980年(昭55)10月27日、東京都墨田区生まれの34歳。横浜国大在学中の03年1月に唐沢拓磨とお笑いコンビ「レム色」を結成。04、05年に「M―1グランプリ」準決勝進出。ネタ本も出版したが、08年3月に解散。09年4月にスポニチ入社。東京本社編集センター、福島支局勤務を経て、昨年10月にスポーツ部の野球担当になった。

49歳山本昌「僕が投げて日本一に」 “マサ夢”へ休日返上トレ

49歳山本昌「僕が投げて日本一に」 “マサ夢”へ休日返上トレ 

  最後の夢を「マサ夢」にする。中日の山本昌投手(49)が5日、今キャンプ初の休日を返上し、読谷球場で練習。ランニングやキャッチボールで汗を流した後の帰路で、悲願の日本シリーズ初勝利に思いをはせた。
 
   「去年、ここを歩きながら(報道陣と)話していて、本当になったことがあった。今年もないかな。正夢になるような夢のある話。日本シリーズで僕が投げて日本一になるとかいいね」
 
  サトウキビ畑に挟まれた読谷球場から宿舎までの約2キロの道を、歩いて往復するのがキャンプの日課。ソチ五輪中だった昨年は、大活躍したスキージャンプの葛西紀明と自身の代名詞である「レジェンド」が「流行語大賞になればいいね」と話していたが、実際に流行語トップ10入りし、年末の表彰式に出席した。
 
  ならば、今年かなえたい夢は日本シリーズでの白星以外にない。過去6試合の登板で0勝4敗。多くのタイトルを手にし最年長登板も果たした左腕の最後の心残りだ。
 
  7日にも今キャンプ初のブルペン入り。50歳シーズンへ本格始動する「球界のレジェンド」は、いくつになっても夢見る心を忘れない。

松井氏「奥様への恩返し」 亡き中畑夫人手料理に感謝のDeNA視察

松井氏「奥様への恩返し」 亡き中畑夫人手料理に感謝のDeNA視察 

  青ゴジラが沖縄上陸だ。古巣・巨人の宮崎キャンプ視察を終えた松井秀喜氏(40)が5日、DeNAのキャンプ地・宜野湾を訪問した。巨人時代に打撃コーチとして指導を受けた中畑清監督(61)の熱烈ラブコールに応える形で、巨人以外の球団では初となるキャンプ視察。シート打撃やフリー打撃を見守り、同じ左の長距離砲、筒香嘉智内野手(23)の居残り特打も見届けて助言を送った。恩師への恩返しへ、青ゴジラが一肌も、二肌も脱いだ。
 
   ひときわ大きな歓声が、青ゴジラに注がれた。松井氏はスーツの上にDeNAのジャンパーを羽織り、宜野湾市立球場に現れた。集まったファン2000人、報道陣164人はともに前日の4倍。ベイスターズブルーに袖を通し「そりゃあ、違和感ありますよね」と本音を漏らしたが、到着時に球場の外まで出向き、愛弟子に抱きついた中畑監督は笑い飛ばした。
 
  「似合うね~。着た瞬間に、もともとウチの選手だったかな?と思うくらい普通に似合ってました」。三顧の礼ならぬ、「キヨシの礼」は松井氏が数え切れない着信履歴と打ち明けるほど。「何回もお断りしたんですが、そのたびに“頼むよ”の一点張りで…。最後に恩返ししろよ、と言われ。そんなにお世話になってないんですが。奥さまには若い頃にお世話になったので、奥さまへの恩返しを中畑さんにね」。巨人の新人時代に何度も中畑監督の自宅で特訓を受け、今は亡き仁美夫人の手料理を平らげてから東京ドームへ向かった。この日、宮崎空港から空路で自身16年ぶりの沖縄上陸を果たし、球場へ直行。最高気温は15度で風が強く肌寒かったが、居残り練習が終わる午後5時までグラウンドに立ち続けた。
 
  「天候の悪い中でも最後まで付き合ってくれた。選手もそういうところを見ている」と中畑監督も大感激。松井氏の言葉を伝え聞き「ゴジラにエサを食わせる女房でした。女房にも感謝しています」とこうべを垂れた。
 
  フリー打撃中には21歳の乙坂に手ぶりを交えて助言を送り、同じ左打ちの長距離砲・筒香の居残り特打を最後まで見届けた。その後、筒香の質問を受ける形で約3分間の野球談議を交わした。「同じ年齢の頃を考えると彼の方がもっと柔らかい。逆方向にもうまく打てる」と23歳の4番打者を絶賛。練習では左翼方向へ打ち始め、逆方向への意識を強めた打撃に「間違ってない。そのままでいいと思う」と直接言葉を伝え、背中を押した。
 
  中畑監督は「彼がこういうフットワークを見せてくれることで、みんなが喜ぶし、球界への恩返しにもなる」と今回のゴジラ招致成功を、球界全体へ広げてほしいとも訴えた。最後には松井氏が断った、7日のフリー打撃実演を諦めないことを強調した。「最終的には打たせるよ。120%期待している。(現役時代に)選手会をつくった時から俺は交渉力はあるんだ」。もっとも松井氏は「振れないですよ。DL(故障者リスト)入りしちゃうよ」と拒否。それでも、中畑監督なら再び奇跡を起こすかもしれない。
 
  ▼DeNA・筒香 「反対方向から打つのはいいこと」と言われてやり続けたいと思った。凄く体が大きいし、器が大きい話し方をされていた。

西武・岸「ぼちぼち」 “初日リタイア”で休日返上リハビリ

西武・岸「ぼちぼち」 “初日リタイア”で休日返上リハビリ 

  キャンプ初日の1日に背中を痛めて別メニュー調整中の西武・岸が、休日返上でリハビリを行った。
 
   ランニングと、バランスボールを使った軽めの筋力トレーニングなどで約2時間、汗を流し「(開幕までには)大丈夫だと思いますよ。ふとした時に痛いけど、ぼちぼち調整していきます」と話した。6日からの第2クールで、キャッチボール再開を目指す。開幕投手最有力の右腕は「今は我慢です」と前を向いた。

楽天的練習法!?“冬の大運動会”でキャンプ休日に一致団結!!

楽天的練習法!?“冬の大運動会”でキャンプ休日に一致団結!! 

  大運動会で一致団結だ!! 楽天は5日、沖縄・久米島キャンプの休日に1、2軍全選手が参加して、同島のイーフビーチで運動会を開催した。大久保博元監督(48)の発案でパン食い競争やスイカ割りなど、古き良き伝統種目でチームワークを高めた。

  「1、2軍も全員で集まるのは年に一日くらい。選手もコーチも、それぞれのキャラクターが分かっていい。こんなばかばかしいことに一生懸命やるのはこのチームくらいじゃない?」

  もとはといえば、完全休養とせずに、少しでも体を動かすことで故障防止につながれば、というアイデア。ポジションごとに6チームに分かれ、優勝チームは6日からの第2クール4日間中、1日だけダッシュメニューの免除権をゲットできるだけに必死。D1位・安楽(済美高)はあめ玉探しリレーに参加し、顔を小麦粉だらけにして「楽しかったです」。曇天の肌寒い砂浜に、明るい笑い声が響いた。

  優勝したのは「右投手・背番号後半チーム」。主将を務めた小山伸は「またみんなで集まろうよ。優勝は最高だぜ!!」と絶叫。6日、7日は紅白戦が予定されている。“デーブ色”豊かなアイデアで結束力を高めている。 (山田結軌)

 キャンプ日程へ

阪神 第3のユニホームは「ウル虎イエロー」

阪神 第3のユニホームは「ウル虎イエロー」 

 発表会に登場した上本(左)と大和

  阪神は5日、球団創設80周年の「Yellow Magicプロジェクト」を発表した。80周年ロゴの3Dマッピングを大阪城に映す企画など行われるが、目玉は5月4日からの中日3連戦など計9試合で着用するサードユニホーム「ウル虎イエロー」。当日はナインが黄色いユニホームを着用するほか、観客全員にも黄色い「ウル虎イエロージャージ」が配布される。
 
  この日、モデルとして発表会に登場した上本は「初めて黄色いユニホームを着るので新鮮に感じます」と笑顔。大和は「目立つしタイガースカラーでとてもいいユニホームだと思う。(定位置の)外野から見たら黄色のスタンドの光景がめっちゃきれいじゃないかと思う。楽しみ」と話した。

【編集部のおすすめ】
 
 

安楽の「新人王宣言」に楽天首脳陣動揺

安楽の「新人王宣言」に楽天首脳陣動揺 

 安楽(手前右)は朝の声出しで「開幕一軍と新人王」を宣言した

  楽天のドラフト1位右腕・安楽智大投手(18=済美)の突然の「新人王宣言」がチーム内に波紋を呼んだ。

 

  久米島キャンプ第1クール最終日の4日、安楽は今キャンプ2度目のブルペン入りし、捕手を立たせた状態で直球のみ61球を投げた。登板後は「今日の方がボール自体は良かったです。これから徐々に調子を上げて、第2クールは猛アピールしたいです」と手応えタップリ。今後さらにペースアップするという。

 

  この日は朝の声出しで「目標は開幕一軍、そして新人王です」と宣言。これまでは「開幕一軍」としか言ってこなかったが、初めてタイトルに言及するという突然の“上方修正”だった。これには「新人王と言ってましたね。本人が目指すことを『ダメ』とは言えないけど、あまりタイトルを取ることに意気込まれるとね。焦るなと言い聞かせてるんですけど…」(球団関係者)と心配する声が上がった。高校時代の右ヒジ故障歴を考慮し、長期的視野で育成するのが首脳陣を中心としたチーム方針。これまでも安楽をどうコントロールするかに頭を悩ませていただけに、動揺が広がっているのだ。

 

  そんな周囲の声をよそに安楽は「周りの方たちに『焦るな』と言っていただけるのはありがたいことですけど、開幕一軍という目標を変えるつもりはありません。3年後とか5年後の活躍を期待する意見もありますけど、ボク自身は1年目から活躍しないといけないと思ってますから」と、開幕一軍&新人王というダブル目標を何としても達成する構え。やる気満々の安楽と、抑えたい周囲の綱引きはしばらく続きそうだ。

【編集部のおすすめ】
 
 

楽天がビーチで運動会 罰ゲームあり

楽天がビーチで運動会 罰ゲームあり 

  楽天は5日、久米島キャンプの休日にイーフビーチと呼ばれる砂浜で大運動会を行った。 久米島班、仲里班の全選手を6チームに分け、ぐるぐるバットやあめ玉探し、借り物競走など熱戦を繰り広げた。

  下位のチームは第2クール以降のランニングがきつくなる罰ゲームもあり、選手は必死だった。優勝は小山伸率いる右投手チームだった。大久保博元監督(48)は「まさに一致団結。こんなバカバカしいことを真剣にやってくれるチームは他にない」と満足そうに振り返った。

 

記事検索
ギャラリー
  • 東福岡“桁違い”3冠!決勝最多57得点&52点差、通算298点
  • イチロー T―岡田のGグラブ賞に「え、うっそ~ まじで」
  • 鶴 球児から“むちゃぶり”4勝したらハジけます
  • 大谷「Tarzan」表紙モデル!プロ野球で6人目、体幹重要性語る
  • 帝京大 筑波大・福岡止めて6連覇だ!流主将「全員で戦おう」
  • ヤマハ清宮監督、就任4年目で初の4強 古巣振り切った
  • 長谷部がKY行動?川島「プレゼント選びに付いてきてた」
  • 野で平和な暮らしを楽しむ人々
  • 復調パナソニック、「津賀改革」に潜む死角
参加中のブログ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ