ニュース速報VIP

ニュース速報VIPのニュースサイトです。ニュース速報VIPは社会、スポーツ、政治、経済、国際、環境などジャンル別に読めます。特集やエンタメ、教育、医療などの読み物、発言小町も大人気。映像ニュースなどの動画コンテンツが豊富で、天気・交通、地図などの生活情報も便利です。

ゴルフ

女子プロゴルフ協会相談役・樋口氏が特別賞受賞

女子プロゴルフ協会相談役・樋口氏が特別賞受賞 

  第47回内閣総理大臣杯日本プロスポーツ大賞(22日)ゴルフ界で初の文化功労者に選ばれた樋口久子・日本女子プロゴルフ協会相談役が、特別賞を受賞。「この歴史ある日本プロスポーツ大賞で特別賞に選んでいただき、ありがとうございました。今後もゴルフを通してスポーツ文化の発展に寄与していきたい」と語った。今後も同協会会長時から続けているジュニア育成など、スポーツの発展に尽力する。

 ツアー初優勝が国内女子メジャーという快挙で、新人賞に選ばれた女子ゴルフの鈴木愛 「メジャー覇者として恥ずかしくないプレーで、来年も焦らずに優勝を狙っていきたい」

大江、日韓女子ゴルフで日本勢ベスト「いつもパットは下手なんですけど…」

大江、日韓女子ゴルフで日本勢ベスト「いつもパットは下手なんですけど…」 

  女子ゴルフ日韓女子プロ対抗戦第1日(6日、愛知・三好CC=6495ヤード、パー72)大江が日本勢ベストの69で回り快勝した。9番では約7メートルのバーディーパットを決め「いつもパットは下手なんですけど、普通になってくれた」と白い歯を見せた。

  前日の団体戦は補欠に回り「出るからには絶対勝とうと思った」と満足顔。好結果を残し「また出たい。出られるように頑張ります」と飛躍を誓った。(共同)

藍は66位に終わる「ショットで苦戦した一日だった」

藍は66位に終わる「ショットで苦戦した一日だった」 

  米女子ゴルフツアーの開幕戦、コーツ選手権は1月31日、フロリダ州オカラのゴールデンオカラ・クラブ(パー72)で最終ラウンドが行われ、35位で出た宮里藍は3バーディー、2ボギー、4ダブルボギーの79と大きく崩れ、通算7オーバー、295の66位だった。

  3位で出たチェ・ナヨン(韓国)が68で回り、通算16アンダー、272で逆転優勝した。3季ぶりの通算8勝目で、賞金22万5000ドル(約2600万円)を獲得した。(共同)

 宮里藍の話「ショットで苦戦した一日だった。池のホールで2本連続で入れてしまったので、それが大きく響いた。(全体を通しては)パットに関してすごく満足している」

9位のさくら「アンダーパーで回れたのでまずまず」

9位のさくら「アンダーパーで回れたのでまずまず」 

  米女子ゴルフツアー最終予選会(6日、デイトナビーチ)横峯はショットの不安定さをパットでカバーした。スコアを二つ縮めて9位に付け「いつもと違う感じの中でアンダーパーで回れたので、まずまず」と息をついた。

  10番では9メートルを沈めてバーディー。15番でも5メートルのパットを沈めた。ただ、カップに蹴られたホールもあり「もうちょっと入ってくれても良かったんじゃないかというのもある」と苦笑いした。

  上位20人に入れば来季は大半の大会に出られる。勝負の最終日へ横峯は「しっかりアンダーパーで回れたら、ちゃんと通ると思う」と意気込んだ。(共同)

さくら、念願の米女子ツアー本格デビュー「予選は通過したい」

さくら、念願の米女子ツアー本格デビュー「予選は通過したい」 

  【パラダイス島(バハマ)5日】米女子ゴルフの「ピュアシルク・バハマ・クラシック」が当地のオーシャンクラブGC(6644ヤード、パー73)で開幕した。前日の4日はプロアマ戦が行われた。本格参戦1年目の横峯さくら(29)=エプソン=は最終調整。宮里藍(29)=サントリー、宮里美香(25)=NTTぷらら、上原彩子(31)=モスフードサービス=も出場する。

  待ちに待った試合に心が躍る。横峯がシーサイドコースで今季初戦を迎えた。大会前日はアプローチ、パットを入念に練習。表情は明るい。

  「私にとっての開幕戦。予選は通過したい。丁寧なゴルフができれば」

  昨年末のファイナルQTを11位で突破。今季、大半の試合に出場できるはずの上位20位以内に入ったが、開幕戦は出場できなかった。今大会もウエーティングに回った。1番目で待機。欠場者が出たため、ようやく念願の“切符”をつかむことができた。

  海外嫌いで知られる29歳が米ツアー本格参戦を決断できたのは昨年4月22日に結婚した夫でメンタルトレーナーの森川陽太郎さん(33)の存在も大きい。プレーだけでなく、私生活でもアドバイスを送ってくれる。

  先月19日に渡米。米国特有の芝質などコースへの適応力を磨くため、ラウンド練習をこなし続けた。国内通算23勝、2009年の賞金女王の実績をひっさげた横峯が新たな舞台に挑む。

今季初戦のさくら、出だしでラフに思わず苦笑い

今季初戦のさくら、出だしでラフに思わず苦笑い 

  ピュアシルク・バハマ・クラシック第1日(5日、バハマ・パラダイス島・オーシャンクラブGC=パー73)29歳の横峯が今季初戦に臨んだが、5ホールしかできなかった。

  緊張があったのか、出だしの10番(パー4)のティーショットはしっかり当たらず、左のラフに入れて思わず苦笑い。だが、日本ツアー通算23勝の実力者らしく、きっちりパーでまとめた。

  13番(パー4)では第2打をピン1メートルにつけてバーディーを奪った。15番のグリーン上で横殴りの雨風にさらされたところで中断となり、6日に持ち越された。(共同)

お寒いハワイ…松山、プロ転向後初日ワーストの111位

お寒いハワイ…松山、プロ転向後初日ワーストの111位 

  ソニー・オープン(15日、ハワイ州ホノルル・ワイアラエCC=パー70)前週3位の松山英樹(22)=LEXUS=は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72とさえず、プロ転向後の初日でワーストの111位と出遅れた。首位とは10打差。岩田寛(33)は94位、今田竜二(38)=ともにフリー=と池田勇太(29)=日清食品=は126位、宮里優作(34)=フリー=は140位。62で回ったウェブ・シンプソン(29)=米国=らが首位に立った。

 【続きを読む】

  熱い太陽に照らされた松山の顔は、険しいままだった。2013年のプロ転向後、初日としては日米ツアー通じて最悪の111位と出遅れた。

  「ショット、アプローチ、パットともすべてよくなかった」

  アマ時代の11年から3年連続出場してすべて予選落ちと、相性の悪いコース。2番(パー4)で第1打を左の池に入れてボギー。11番(パー3)では、根が強いバミューダ芝のラフからの第2打をミスして、ダブルボギーをたたいた。2年ぶりで、プロになって初の参戦も苦しい展開だ。「苦手意識を感じることなくできたのに、スコアがまとまらないのは考えさせられる」と松山。原因かと問われたグリーンや風の読みにくさは「あまりない」と首をかしげた。

  「先週は出なかったミスが出て、修正しようとしたら、18ホールが終わってしまった」。今年初戦となった前週の「現代自動車チャンピオンズ」では、プレーオフの2人に1打及ばずの3位。優勝は逃したが、昨年12月に1週間行った宮崎合宿でスイングを微調整してきた効果を出しての、好発進だった。ところが、12日の前週大会最終日から中2日で一転した。

  首位とは10打差。「優勝したい」と語っていた松山も、目標を下方修正せざるを得なくなった。

  「予選通過するためにアンダーパーで回らないといけない。あしたしっかり頑張りたい」

  第2日は、悪いイメージを振り払う好スコアを目指す。

遼、2打及ばず予選落ちも「ことしは始まったばかり」

遼、2打及ばず予選落ちも「ことしは始まったばかり」 

  米男子ゴルフのヒューマナ・チャレンジは24日、カリフォルニア州ラキンタの3コースで第3ラウンドが行われ、PGAウェスト・ニクラウスコース(パー72)を回った石川遼は5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70で回り通算6アンダー、210の85位で2打及ばず予選落ちした。

  ビル・ハース、マイケル・パットナム、ジャスティン・トーマス、エリック・コンプトン(以上米国)の4人が通算17アンダーで首位に並び、1打差の5位にマット・クーチャー(米国)ら4人がつけている。今大会は第3ラウンドまでが予選で72人が最終日の決勝ラウンドへ進んだ。(共同)

 石川遼の話「1番で(ティーショットが)ロストボールになってダブルボギー。でも悪かったのはそれだけだったと思う。いいパットを打っても入ってくれなかったのが残念だった。まだことしは始まったばかり。収穫もあったので、また次を頑張る」

記事検索
ギャラリー
  • 東福岡“桁違い”3冠!決勝最多57得点&52点差、通算298点
  • イチロー T―岡田のGグラブ賞に「え、うっそ~ まじで」
  • 鶴 球児から“むちゃぶり”4勝したらハジけます
  • 大谷「Tarzan」表紙モデル!プロ野球で6人目、体幹重要性語る
  • 帝京大 筑波大・福岡止めて6連覇だ!流主将「全員で戦おう」
  • ヤマハ清宮監督、就任4年目で初の4強 古巣振り切った
  • 長谷部がKY行動?川島「プレゼント選びに付いてきてた」
  • 野で平和な暮らしを楽しむ人々
  • 復調パナソニック、「津賀改革」に潜む死角
参加中のブログ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ