ニュース速報VIP

ニュース速報VIPのニュースサイトです。ニュース速報VIPは社会、スポーツ、政治、経済、国際、環境などジャンル別に読めます。特集やエンタメ、教育、医療などの読み物、発言小町も大人気。映像ニュースなどの動画コンテンツが豊富で、天気・交通、地図などの生活情報も便利です。

フィギュア

白鵬取り直し翌日から「あれは勝ってた」

白鵬取り直し翌日から「あれは勝ってた」  

  史上最多33度目の優勝を全勝で飾った初場所の一夜明け会見で、審判部を批判した横綱白鵬(29=宮城野)は27日、公には姿を見せなかった。師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)も無言を貫いた。周囲によると、取り直しとなった13日目の稀勢の里戦については、取組直後から不満を持っていたことも分かった。

  審判部を痛烈に批判して前代未聞の波紋を引き起こした白鵬は、公に姿を見せることはなかった。関係者によると、床山を自宅に呼んで髪を結い直し、昼の食事会に出掛けたという。東京・墨田区の部屋には午前中、師匠の宮城野親方が現れた。テレビのワイドショーなどを見ていたそうで、午後3時前に険しい表情で部屋を後にしたが、問い掛けには一切、口をつぐんだ。

  一夜明け会見では、いきなり自ら「疑惑の相撲が1つあるんですよね」「子供が見ても分かるような相撲。なぜ取り直しになったのか」「2度とないようにやってもらいたい。本当に肌の色は関係ないんだよね」などとまくし立てた。その不満はどうやら、場所中から持っていたようだ。

  関係者によると、13日目に取り直しの一番に勝って優勝を決めた翌日には、周囲に「あれ(最初の一番)は勝っていた」と漏らしていた。一夜明け会見は、午前10時半の予定が1時間以上遅れて始まった。これも、取り直しへの不満が一因だったという。明け方まで飲み明かし、祝宴の酔いが残ったまま臨んだ会見。酔った勢いもあって、たまった鬱憤(うっぷん)が口をついて出てしまった。

  この日も部屋にはサッカーの岡田武史氏らから祝いの花が届いた。ただ、周囲の雰囲気は祝賀ムードとは程遠くなってしまった。今日28日は東京・両国国技館で、審判部による番付編成会議が開かれる。批判された親方衆は、どういう対応を取るのか。

錦織が出したラケット1本だけ/圭物語7

錦織が出したラケット1本だけ/圭物語7  

 <開花1>

  錦織がプロデビューする直前のことだった。07年9月の中国オープン。17歳ながらこの年からジュニアを卒業し、一般大会1本に試合を絞っていた。年頭の世界ランクは600位台。それが中国オープンでは257位にまで上昇していた。

  世界的なラケットメーカーで錦織も使用するウイルソンの契約ストリンガー、細谷理(ただし)氏(45)は中国オープンで初めて錦織と会った。ストリンガーとは、ラケットにストリングス(網目状になっている糸)を張る職人。選手は、縦糸、横糸の張力を指定し、ストリングスを張る。

  張力が強いと球は飛ばなくなり、緩いと飛ぶ。ストリングスは非常に繊細で、張り上げ直後から緩み始め、打つたびに緩む。気温、湿度でも球の飛びは変化するため、テニス選手にとって張力の出来、不出来は勝敗を左右する。細谷氏は「それを分かっていない若い選手は多い」と指摘する。

  錦織は予選3試合を勝ち抜き、本戦入り。1回戦の対戦相手はリュビチッチ(クロアチア)。当時世界12位で、錦織にとって10位台との初めての対戦だった。対戦日の前日、錦織はストリングスの張り替えを細谷氏に依頼した。しかし、出したラケットはたった1本。対して相手は4本を出してきた。

  「世界のトップとこれから戦うというのに1本しか出さない。これじゃ勝負にならない」。細谷氏はそう諭した。錦織は「えっ、そういうものなんですか」と驚いたという。一流選手が試合中に使い古したストリングスが緩んだり、切れたりすることを想定し、多くのラケットを張りに出すことさえ知らなかった。

  試合は錦織のストレート負けだった。細谷氏は「圭だけじゃない。日本選手と世界の差は、ここにあるのか」と感じたという。「僕らはトップ選手が、道具にどれだけこだわっているか知っている。いくら鍛えて体力つけても、道具が違っては勝負にならない」。

  中国オープン翌週のジャパンオープンで、錦織はプロへの転向を宣言した。錦織は母国の大会に初めて推薦選手として出場した。細谷氏も引き続き、大会のストリンガーを務めた。錦織が、張り替えに出してきたラケットの本数は3本に増えていた。(つづく)

錦織3年ぶり8強、次戦はワウリンカ

錦織3年ぶり8強、次戦はワウリンカ  

 <テニス:全豪オープン>◇26日◇メルボルン◇男子シングルス4回戦

  シングルス4回戦で男子第5シードの錦織圭(日清食品)は第9シードのダビド・フェレール(スペイン)に6-3、6-3、6-3で快勝し、3年ぶりに準々決勝へ進んだ。4大大会の8強入りは、準優勝した昨年の全米オープンに続いて自身3度目。

  第4シードで前回王者のスタニスラス・ワウリンカ(スイス)が世界ランキング37位のギリェルモ・ガルシアロペス(スペイン)に勝ち、28日に予定される準々決勝で錦織と対戦する。

  第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)も登場。

  女子は第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)、第11シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)が準々決勝に進んだ。第6シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)は第18シードのビーナス・ウィリアムズ(米国)と対戦。

東京五輪の星 14歳の池江璃花子V

東京五輪の星 14歳の池江璃花子V  

  2020年東京五輪の星が2冠に輝いた。北島康介杯・東京都選手権は25日、東京辰巳国際水泳場で最終日が行われ、14歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が初日の200メートル自由形に続き、100メートルバタフライでは58秒27の中学生記録で制した。

  伸び盛りの勢いが止まらない。この日は優勝した100メートルバタフライ、2位の100メートル自由形でも中学生記録を更新。長い手足を生かしたダイナミックな泳ぎで会場を沸かせた。この1年で身長も5センチ伸びた中学生は「狙ってない記録も出た。とても良かった」と笑みを浮かべた

  夏の世界選手権(ロシア)で中学生代表の夢が広がる。本職の自由形には内田美希ら強豪がそろうため、リレーで代表を勝ち取る考えだった。だが、この日の100メートルバタフライの優勝記録は、派遣標準記録に0秒23と迫る好タイム。「バタフライの練習を頑張っていきたい」。世界選手権代表選考を兼ねた4月の日本選手権では個人種目でも代表の座を狙っていく。

  ◆池江璃花子(いけえ・りかこ)2000年(平12)7月14日、東京都生まれ。江戸川区立小岩第4中学2年。兄と姉の影響で3歳10カ月から水泳を始める。昨年4月の日本選手権は50メートル自由形4位。同8月にはジュニアパンパシに出場し、4個のメダル獲得。夢は五輪金メダルを獲得すること。足のサイズは25・5センチで男性用を主に履く。167センチ、54キロ。

白鵬が幕内800勝 史上4人目最速64場所

白鵬が幕内800勝 史上4人目最速64場所  

 <大相撲初場所>◇14日目◇24日◇東京・両国国技館

  偉業を達成しても、横綱白鵬(29=宮城野)の動きは緩まなかった。前日に史上最多33度目優勝を決めて迎えた日馬富士戦。左から張って右を差し、下手投げで崩してから、寄り切った。流れるような攻めで14連勝。「気持ちは大きく変わらないけど、多少伸び伸びやった感じがしますね」とサラリと話した。

  幕内勝利数も800勝に達した。史上4人目で、64場所での到達は最速。区切りの記録に「なるほどね、なるほど」と淡々とうなずいた。さらに、今日千秋楽の鶴竜戦も勝てば、6場所すべてで全勝優勝を達成したことになり、史上初の快挙になる。前夜は、モンゴルから来日した両親らと優勝を祝ったが、母タミルさんのひと声で11時でお開きになった。最後まで集中して土俵の主役を務める。

錦織あっさり逆転16強 次はフェレール

錦織あっさり逆転16強 次はフェレール  

 <テニス:全豪オープン>◇24日◇メルボルン◇男子シングルス3回戦

  世界5位で、4大大会初優勝を目指す錦織圭(25=日清食品)が、4年連続の16強入りを決めた。同38位のスティーブ・ジョンソン(25=米国)を6-7、6-1、6-2、6-3と逆転で下した。大会1週目が試運転だとすれば、2週目からは8強以上をかけた真のバトルが始まる。12年大会以来2度目の8強入りをかけ、4回戦では同10位のダビド・フェレール(32=スペイン)と対戦する。

  ジョンソンのバックのパスが浮いた。ネットに走り込んでいた錦織は、アウトになるのを見届けると、羽ばたくように両手を広げ勝利を全身で味わった。「少し緊張もあって、タフな試合だった。でも切り抜けてうれしい」。この勝利で見事に1週目を乗り切った。

  弱みをなかなか口にはしないが、心の底で世界5位の重みを感じている。第1セットは「少しびびっていたかもしれない。守りに入った」。1、2回戦とスタイルは違うが、3回戦もパワーヒッター。第1セット3-1リードから消極的になり、最後は力任せのタイブレークで逆転された。

  この日も「まだ、今の世界ランクは居心地が悪い」と苦笑い。それは世界5位が1週目で負けられないという重みを意味する。その気持ちが、空回りにつながった。父清志さんも「今の位置に慣れるのは半年ぐらいかかるだろう」と話す。

  しかし、第2セットで気持ちは吹っ切れた。「もう行くしかない」。ラケットを振り切り、相手の武器のフォアとの打ち合いに果敢に挑んだ。「勇気を持って攻めた」。その攻めが、ジョンソンを崩した。「リターンがだいぶよくなって、気持ちも切り替えられた」。第2セット最初から11ゲームで、1ゲームしか落とさない攻撃で押し切った。

  この勝利で12年から4年連続で16強入りだ。4回戦進出は、4大大会でひとつの区切り。ここから第2週が始まる。今大会男子シングルス出場128人中、4年連続4回戦以上を記録しているのは、錦織以外で7人しかいない。それだけ16強の重みは大きい。

  4回戦で待ち受けるのは、宿敵のひとりフェレールだ。08年全米3回戦で下し、錦織自身初の4大大会16強入りを果たした。全豪では、13年4回戦で2年連続の8強入りを前に敗れた相手でもある。「長いラリーになるのは間違いがない」。

  ここから第2週に入り、ひとつレベルが上がる。「ここまで来ることは最低限の目標」と言い切った。優勝候補にとって、2週目が真の戦いの舞台だ。

  錦織 悪い中でもいいテニスができた1週目。4大大会は内容より勝つことが大事。(2週目は)守って(球を)入れに行ってるだけでは勝てない相手が来る。もっと思いきりのいいプレーが必要になる。守りに入らず攻めていきたい。

  狙うのは世界の頂点。錦織にとって、新たな舞台が幕を開ける。【吉松忠弘】

  ◆WOWOW放送予定 25日午前8時55分~、午後4時50分~、WOWOWライブ。第7日男女シングルス4回戦ほか。生中継。放送時間変更の場合あり。

稀勢の里力尽き…支度部屋で無言貫く

稀勢の里力尽き…支度部屋で無言貫く  

 <大相撲初場所>◇13日目◇23日◇両国国技館

  横綱白鵬(29)が、大関稀勢の里(28=田子ノ浦)を取り直しの末に押し倒した。

  稀勢の里は目の前で優勝を決められた。悔しさ、自分への腹立たしさ、あらゆる感情を抑えようと、支度部屋では無言を貫いた。最初の一番は土俵際で起死回生の右小手投げ。「もう一丁」コールが響く中、同体に持ち込んだ。だが、取り直しの一番で立ち合いで変化され、最後は押し倒された。「勝たなきゃ上が見えてこない」と話していた一番で、最後に力尽きた。

業師・栃ノ心「やった」内無双で怪物退治

業師・栃ノ心「やった」内無双で怪物退治  

 <大相撲初場所>◇11日目◇21日◇両国国技館

  怪力自慢の西前頭筆頭の栃ノ心(27=春日野)が“業師”となった。関脇逸ノ城(21=湊)との一番。右四つがっぷりから投げを打ち合うと、最後は左手で、相手の右膝を内側から刈り取った。内無双。左膝から崩れ落ちた逸ノ城を見て「やった」と喜んだ。

  「狙ってないけど、たまたま。足がそろったから、バッとやった」と息を弾ませた。内無双は、本場所はもちろん、稽古場でもほとんどしたことがなかった。一瞬のひらめきだった。

  相四つの逸ノ城とは、十両で2連勝しながら、幕内で初対戦となった先場所は寄り切りで敗れた。「考えたのは、疲れるからあまり攻めない方がいいということ。先場所は攻めて攻めて、疲れた。重いから持って行けないので」。強引な力勝負に挑まず、技で仕留めた。

  支度部屋でちょうど話が一段落したとき、同じ春日野部屋の関脇碧山(28)が横綱日馬富士(30=伊勢ケ浜)を倒した。「やった! オヤジ(師匠の春日野親方=元関脇栃乃和歌)の機嫌が良くなるね」。喜び勇んで帰途に就いた。

記事検索
ギャラリー
  • 東福岡“桁違い”3冠!決勝最多57得点&52点差、通算298点
  • イチロー T―岡田のGグラブ賞に「え、うっそ~ まじで」
  • 鶴 球児から“むちゃぶり”4勝したらハジけます
  • 大谷「Tarzan」表紙モデル!プロ野球で6人目、体幹重要性語る
  • 帝京大 筑波大・福岡止めて6連覇だ!流主将「全員で戦おう」
  • ヤマハ清宮監督、就任4年目で初の4強 古巣振り切った
  • 長谷部がKY行動?川島「プレゼント選びに付いてきてた」
  • 野で平和な暮らしを楽しむ人々
  • 復調パナソニック、「津賀改革」に潜む死角
参加中のブログ
プロフィール

ニュース速報VIPの...

  • ライブドアブログ